FC2ブログ

ヴィソツキー提督は海軍総司令部移転を実施しなかった為に解任された

5月6日、バルト艦隊司令官ヴィクトル・チルコフ中将は、ウラジーミル・ヴィソツキー大将に代わる新たなロシア連邦海軍総司令官に任命されました。
[ヴィクトル・チルコフは新たなロシア海軍総司令官に任命された]
12-0513c.jpg

ウラジーミル・ヴィソツキー提督が海軍総司令官の任を解かれたのは、ロシア海軍総司令部サンクト-ペテルブルク移転を実行に移そうとしなかった為でした。


『ロシア通信社ノーボスチ』より。
【海軍総司令官辞任の理由はサンクト-ペテルブルクへの司令部移転停滞であった】
モスクワ、5月12日-ロシア通信社ノーボスチ

ウラジミール・ヴィソツキー大将がロシア連邦海軍総司令官のポストを辞任した理由は、モスクワからサンクト-ペテルブルクへの海軍総司令部移転の必要性に関する参謀本部及び国防省の指示を無視した為である。
土曜日、参謀本部の高位の代理人はロシア通信社ノーボスチに伝えた。

ヴィソツキーは、5月6日の大統領令により任を解かれたが、軍務には留まった。

「ヴィソツキーは、サンクト-ペテルブルクへの移転を実施しておりません。これが辞任の主な理由です」
代理人は述べた。

同時に彼は、この問題に関するヴィソツキーの確固たるスタンスの維持は尊敬に値する事を強調したが、新たな海軍総司令官は、サンクト-ペテルブルクへの総司令部移転に関しては同じ見解を保持する。

同じ5月6日の大統領令では、新たなロシア海軍総司令官にヴィクトル・チルコフ中将が任命された。
土曜日、国防省の情報提供者は、モスクワからサンクト-ペテルブルクへのロシア連邦海軍総司令部の移転費用は、専門家の試算によると2008年当時の物価で400~500億ルーブルになるとロシア通信社ノーボスチに伝えた。

「確かに、機器だけではなく100名の士官や提督も移動させ、北方首都​​エリアへの防御された指揮所の建設も考慮に入れて算定しております」
代理人は、2008年に海軍総司令部では約1000名が勤務していた事を想起した。

彼は、総司令部移転に関する参謀本部の指示をヴィソツキーが根本的に実施できなかった事を強調した。
「しかし、彼は移転の文書に対し、急がず、よく検討し、基盤を準備する事を主張し、海軍本部の建物だけではなく、美観の修復とロシア連邦海軍総司令部の看板に拘っていました」
代理人は述べた。

それは管理システムを作成し、士官及び提督の定住に関する社会問題を解決し、海軍の管理の基本原理を維持する為にも必要だったと彼は付け加えた。

参謀本部および国防省の主導による海軍総司令部モスクワからサンクト-ペテルブルクへの移転構想は2007年に出てきた。
それは、クズネツォフ記念海軍アカデミー設計局「ルビーン」および「マラヒート」造船工場「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ」および「バルチースキー・ザヴォード」を含む海軍関連の主要教育及び産業の中枢が北方首都に集約されているという事実に起因する。
(2012年5月12日10時52分配信)


12-0513d.jpg
これまでヴィソツキー提督は、ロシア海軍総司令部のサンクト-ペテルブルク移転に関し、明確な反対や批判の意向を示した事は有りませんが、積極的に実施する意向を示した事も有りませんでした。
[ロシア海軍総司令部サンクト・ペテルブルク移転問題]
[ロシア海軍総司令部は、サンクト・ペテルブルク移動についての指示を得ていない]
[予算凍結に伴い、サンクトペテルブルクへのロシア海軍総司令部移転は遅れる]

ヴィソツキー提督は、移転そのものには反対しないが、それはじっくりと時間を掛けて行なうべきであるというスタンスを持っていたようです。

しかし国防省サイドにしてみれば、ヴィソツキー提督の手法はじれったく思え、彼が総司令官の地位にある限り、海軍総司令部サンクト-ペテルブルク移転は実現しないと思われたのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト