FC2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊航空隊は抜き打ち演習を行なった

『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年10月29日11時50分配信
【抜き打ち査察は黒海艦隊で始まった】
モスクワ、10月29日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦国防省黒海艦隊の抜き打ち査察を開始し、その枠組みにおいて軍用機は沿岸目標へロケット爆撃による打撃を与えた。
黒海艦隊情報供給部長代行ニコライ・ヴォスクレセンスキー2等海佐は発表した。

「朝、航空機Su-24MRは、任務遂行ゾーンとなる海域及び沿岸の空中偵察を行ないました。
15-1029q.jpg
次に、多機能戦闘機Su-30SMと前線爆撃機Su-24Mは、目標が設置された黒海艦隊の海洋揚陸射爆場オプークのエリア内の海岸へ、無誘導ロケット及び爆弾による打撃を与えました」

15-1029p.jpg
15-1029r.jpg
彼は話した。

査察中に、対潜水陸両用機Be-12対潜ヘリコプターKa-27投下水中音響ステーションを使用した仮想敵潜水艦の探索任務へ取り組んだ事は注目される。
15-1029s.jpg
15-1029t.jpg

更に、木曜日、2機の捜索救助ヘリコプターKa-27PSは、水上で災害に遭った人々の捜索と救助に取り組んだ。
15-1029u.jpg

当局によると、戦闘訓練活動には合計15機の航空機ヘリコプターが関わり、日中に20以上のフライトが実行された。
関連記事
スポンサーサイト