FC2ブログ

警備艦スメトリーヴイはシリア沿岸に留まる

12-0521a.jpg
『中央海軍ポータル(フロートコム)』より。
【ロシア艦「スメトリーヴイ」はシリア沿岸に留まる】
2012年5月21日

ロシア連邦国防省は、黒海艦隊警備艦「スメトリーヴイ」シリア沿岸に留まる事を決定した。
5月18日金曜日、同艦の艦長は、戦闘勤務遂行を継続する為の然るべき指示を受けた。

『インタファクス』は、同地域における作戦状況の為、このような決定が下されたという黒海艦隊司令部の代理人の発言を引用した。

ロシア情報機関によれば、最近、地中海東部においては、アメリカ合衆国フランスブリテンドイツおよびその他の国の海軍艦艇の展開が著しく増加している。

現在、「スメトリーヴイ」の他、偵察艦「キルディン」中型海洋給油船「イマン」浮揚工場PM-138シリア沿岸で勤務している。


ロシア黒海艦隊所属の警備艦「スメトリーヴイ」は、4月2日にセヴァストーポリを出港し、地中海東部へ向かいました。
[最後のカシン級スメトリーヴイ、地中海へ]
[ロシア黒海艦隊警備艦スメトリーヴイはシリアへ行く]
[警備艦スメトリーヴイは地中海東部に滞在する]
[ロシア海軍艦艇はシリア沖に常時滞在する]

当初は、5月中に他の艦と交代すると言われていましたが、今回の記事によると、引き続きシリア沿岸に留まる事が決定されたようです。
関連記事
スポンサーサイト