FC2ブログ

ロシア海軍の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)ブラヴァーは改良される

15-1130c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年11月26日16時57分配信
【コーポレーション「モスクワ熱技術研究所」はミサイル「ブラヴァー」の近代化へ取り組んでいる】
モスクワ、11月26日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア戦略ミサイル複合体の開発者であるコーポレーション「モスクワ熱技術研究所」は、海洋配置大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」の近代化へ取り組んでいる。
木曜日、コーポレーション「モスクワ熱技術研究所」設計主任ユーリー・ソロモノフは表明した。

「兵器のライフサイクルは、通常で20年から30年です。
既に現在納入されているブラヴァーに関し、私共は近代化へ取り組んでおります。
この過程は連続的なものであり、根本的に新しいプロジェクト及び設計の出現は、兵器使用の効率性を高める事を意味します」
ソロモノフ
は話した。

彼によると、ミサイルは、より効率的に、そして低価格となる。


現在までに潜水艦用弾道ミサイルR-30「ブラヴァー」の発射は23回実施され、この内の7回が失敗に終わっています。

1回目:2004年9月23日-成功
2回目:2005年9月27日-成功
3回目:2005年12月21日-成功
4回目:2006年9月7日-失敗
5回目:2006年10月25日-失敗
6回目:2006年12月24日-失敗
7回目:2007年6月28日-成功
8回目:2008年9月18日-成功
9回目:2008年11月28日-成功
10回目:2008年12月23日-失敗
11回目:2009年7月15日-失敗
12回目:2009年12月9日-失敗
13回目:2010年10月7日-成功
14回目:2010年10月29日-成功
15回目:2011年6月28日-成功
16回目:2011年8月27日-成功
17回目:2011年10月28日-成功

18回目:2011年12月23日-成功
19回目:2013年9月6日-失敗
20回目:2014年9月10日-成功
21回目:2014年10月29日-成功
22回目:2014年11月28日-成功
23回目:2015年11月14日-成功


2009年12月までの発射試験は失敗と成功を繰り返し、「ブラヴァー」の戦力化も危ぶまれる状況でしたが、2010年以降は、失敗したのは1度のみでした。
[「全力全開」ブラヴァー発射試験(2010~2011年) ]
[潜水艦発射弾道ミサイル「ブラヴァー」は一斉発射試験に成功した]

14回目までの発射試験は重原子力戦略用途ロケット水中巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」から実施されましたが、15回目以降は「ボレイ」級戦略原潜3隻(ユーリー・ドルゴルーキー、アレクサンドル・ネフスキー、ウラジーミル・モノマーフ)から実施されています。

記事中に登場するユーリー・セメノヴィチ・ソロモノフ氏(1945年11月3日生まれ、現在70歳)は、以前は「モスクワ熱技術研究所」総取締役と設計主任を務めていましたが、2009年7月中旬に総取締役を辞任し、設計主任として「ブラヴァー」の開発に専念する事になりました。
15-1130d.jpg
[「ブラヴァー」設計主任は辞職しない]


これまでのソ連/ロシア潜水艦用弾道ミサイルが改良を繰り返して来たのと同様に、当然ながら「ブラヴァー」も、今後改良型が作られる事になります。

今回のユーリー・ソロモノフ氏の発言によると、「ブラヴァー」改良の主眼となるのは、射程距離などのスペックの向上では無く、コストダウンや効率性のアップ(おそらくは命中精度の向上)になるようです。
関連記事
スポンサーサイト