FC2ブログ

2014年にロシア太平洋艦隊へ新世代戦略原潜ボレイ級が配備される

2014年、ロシア太平洋艦隊新世代戦略原子力潜水艦「ボレイ」級が配備されます。
12-0422f


『中央海軍ポータル(フロートコム)』より。
【太平洋艦隊は2014年に新世代の潜水艦を受領する】
2012年5月30日

新世代戦略用途ロケット潜水艦は2014年には太平洋艦隊の戦闘戦闘へ加入する。
火曜日、ロシア海軍公式代理人は述べた。

「主な取り組みといたしまして、2014年から沿海地方及びカムチャツカにおける戦略用途ロケット潜水艦の艦隊への加入を開始する為の複合施設の計画調査作業を今年に絶対に完了させる事に焦点が当てられました」
海軍の代理人は述べた。

彼によると、この問題は、5月28日に開催された海軍軍事評議会の最初の会議の席上で海軍総司令官ヴィクトル・チルコフ中将から説明された。

会議においては、ロシア連邦領内の黒海艦隊艦艇基地であるノヴォロシースクの建設ペースを上げる為の条件として、連邦政府目標プログラム「2005-2020年のロシア連邦領内における黒海艦隊基地システムの建設」上の資金供給の大幅な増加が指摘された。

「バルト艦隊では、コルベット部隊及びディーゼル潜水艦部隊の為の主要海軍基地バルチースクの再建及び装備追加作業が開始されました。
カリーニングラード地域に部隊及び軍を配備する為の軍都市及び設備の建設に関しては、実質的に計画調査及び他の準備作業は完了しております。
クロンシュタット市においては、停泊地の復活に関する地質学的研究が開始されています」

対談者は説明した。

カスピ小艦隊における主な取り組みは、新たなプロジェクトのロケット艦及び砲艦の駐留を確保する為の基地(マハチカラ及びアストラハン)の再建と装備追加に焦点が当てられると海軍の代理人は述べた。

海軍公式代理人は、2012年末までに北方艦隊は最初の新世代原子力潜水艦を受領すると述べた。

「北方艦隊における主な取り組みといたしまして、最初の新世代原子力潜水艦の提供と2012年の海軍編制への加入を可能にする事に焦点が当てられています」
対談者は述べた。

彼によれば、海軍総司令部、艦隊、連合部隊、小部隊を管理する軍当局の主な焦点は、近代的な段階の海軍の建設を実現させる為の新たな艦の開発への取り組みである。

「今年は、2020年までに新たな外観の海軍基地システムを建設する大規模な工事を開始する為の条件を作り出す事を目的とする作業を強化できます」
海軍の公式代理人は述べた。

対談者の代理人は、将来の戦略用途ロケット潜水艦及びミサイル複合体のグループ作成作業は、完成段階にある事を指摘した。
「最終段階は、原子力水中巡洋艦プロジェクト955のトップ艦及び最初のシリーズ艦~ユーリー・ドルゴルーキー及びアレクサンドル・ネフスキー~の建造であります」
海軍の代理人は述べた。

彼は、海軍の全般用途グループを設立する為、有翼ミサイル原子力水中巡洋艦プロジェクト885のトップ艦「セヴェロドヴィンスク」と、続いて建造されたトップ艦を近代化した有翼ミサイル原子力水中巡洋艦プロジェクト885M「カザン」の建造が完了すると付け加えた。

土曜日、『ヴェズグリャド』紙は、消息筋によると近代化された戦略用途ロケット水中巡洋艦プロジェクト955A「ボレイ」級の為の国防省「統合造船業営団」間の契約を来週初頭に署名する為の準備が整ったと報じた。

新たに組み込まれる契約価格は業界により設定され、潜水艦の建造が可能となる。

価格形態は十分な柔軟性があり、2015年には変更され、「ボレイ」近代化を達成する為の作業及び材料の増加が必要な場合において実際の費用がどの程度なのかが完全に明らかになった時、増減が調整される。

金曜日、「ボレイ」級潜水艦建造の為の国防省と造船業界の間の契約で「妥協」されたと報じられた。
妥協点を見出すのは、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンの仲介後にのみ可能であった。


5月28日に開催されたロシア海軍軍事評議会の会合については、ロシアの主要メディアで報じられています。

『ロシア通信社ノーボスチ』より。
2012年5月29日14時51分配信
【海軍は今年末までに9隻の戦闘艦及び艇を受領する:総司令官】

『アルムス-タス』より。
2012年5月29日15時10分配信
【海軍軍事評議会の主要議題はロシア海軍の再建だった】


今年3月、『イズベスチヤ』紙は、新世代戦略原子力潜水艦プロジェクト955「ボレイ」太平洋艦隊に配備する為、カムチャツカの原潜基地に新たな設備が建設されると報じました。
[ボレイ級戦略原潜の為、カムチャツカ半島に新たな設備が建設される]

12-0530a.jpg

つまり、2014年末までには、「ボレイ」級の為の新たな設備の建設が概ね完了するという事でしょう。

戦略原潜「ボレイ」級「ユーリー・ドルゴルーキー」「アレクサンドル・ネフスキー」は今年(2012年)にロシア海軍へ納入される予定です。

「ユーリー・ドルゴルーキー」北方艦隊へ配備されます。
[ボレイ級戦略原潜1番艦ユーリー・ドルゴルーキーは2012年に北方艦隊へ配備される]

「アレクサンドル・ネフスキー」の配備先は公式には明らかにされていませんが、今年に就役するのならば、北方艦隊へ配備される事になります。
ただ、同艦の乗組員は2007年に太平洋艦隊将兵で編成されているので、いったん北方艦隊へ編入した後、2014年以降に太平洋艦隊へ転属する可能性も有りますが。

3番艦「ウラジミール・モノマーフ」は2013年末頃に就役する予定です。
同艦の乗組員は、太平洋艦隊将兵で構成されています。
[新世代戦略原潜ボレイ級3番艦ウラジミール・モノマーフに電力が供給される]

「ボレイ」級戦略原潜4番艦以降(改ボレイ級)5隻の建造契約は、5月28日に署名されました。
[ロシア国防省と統合造船業営団は改ボレイ級戦略原潜の供給契約に署名した]

ロシア連邦「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」において、「ボレイ」級戦略原潜は8隻調達される計画です。
[ロシア国防省は、戦略原潜ボレイ級8隻と多用途原潜ヤーセン級8隻を2020年までに調達する]
関連記事
スポンサーサイト