fc2ブログ

ロシア海軍地中海作戦連合部隊の艦船は約20隻に増強される事も有り得る

16-0206f.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年2月5日10時31分配信
【情報筋:地中海戦隊には20隻までの艦船が加わるかもしれない】
モスクワ、2月5日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍地中海戦隊の構成は、指示された任務に応じて20隻までの艦船になるかもしれない。
ロシア通信社ノーボスチは金曜日に軍事外交筋より伝えられた。

2015年7月、黒海艦隊司令官アレクサンドル・ヴィトコ大将は、地中海ロシア連邦海軍作戦連合部隊の平均隻数は、この時点で10隻の艦と支援船であると表明した。

「隻数は、状況の緊迫度及び任務範囲の増加に応じ、10隻から20隻までの艦船に変更される事が有り得ます。
ロケット艦、対潜艦、そして揚陸艦が地中海常設連合部隊の基礎となります。
グループのリソースを保障する為、海軍の支援船による定期ローテーションが実施されています」

対談者は話した。

彼は、捜索救助支援任務が北方艦隊、黒海艦隊、そして太平洋艦隊救助曳船により遂行されている事を付け加えた。

ロシアは、地中海戦隊を形成する為、2013年3月、同海域へ太平洋艦隊艦船支隊を派遣した。
現在、地中海グループの構成に含まれる艦船は、太平洋艦隊、北方艦隊、バルト艦隊、黒海艦隊がローテーションの基礎となっている。
地中海戦隊への物資-技術供給は、タルトゥース(シリア)の常置所をベースとして行なわれている。


ロシア海軍地中海作戦連合部隊は2013年6月1日に創設されました。
[ロシア海軍地中海作戦部隊は6月1日から任務を遂行している]

以後、主に地中海東部へ展開しています。

現在は、太平洋艦隊から派遣された親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」北方艦隊から派遣された大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」が中核となっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグはシリア沖で戦闘任務に就いている]
[大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ遠距離航海(2015年10月-)]

黒海沿岸(セヴァストーポリノヴォロシースク)からは定期的に海軍大型揚陸艦輸送船地中海へ派遣され、シリアへの輸送任務(シリア・エクスプレス)に就いています。

現在、地中海東部に居るロシア海軍の艦船は少なくとも7隻です。
親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」(太平洋艦隊、地中海作戦連合部隊旗艦)
大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラコーフ」(北方艦隊)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(北方艦隊)
輸送船「アレクサンドル・トカチェンコ」
中型海洋給油船「ドゥブナ」(北方艦隊)
救助曳船SB-406(北方艦隊)
工作船PM-56(黒海艦隊)

現時点では地中海には居ませんが、この他にもバルト艦隊大型揚陸艦「ミンスク」太平洋艦隊救助船「サヤニィ」地中海任務の為に派遣されています。

バルト艦隊大型揚陸艦「ミンスク」は2015年12月中旬に地中海東部へ到着し、昨年に1回、今年は既に2回「シリア・エクスプレス」に就いています。
16-0206e.jpg

太平洋艦隊潜水艦救助船「サヤニィ」は、2015年7月17日にウラジオストクを出航、8月下旬にスエズ運河を通過して地中海へ入り、9月17日にボスポラス海峡を北上し、黒海へ入りました。
2015年12月下旬には地中海東部へ展開しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年12月22日5時20分配信
【太平洋艦隊の救助船「サヤニィ」は地中海で任務を遂行する】
16-0206d.jpg


ロシア海軍地中海東部に常時約10隻程度の艦船を展開させていますが、今回の記事に登場する「軍事外交筋」は、状況によっては約20隻に増強する事も有り得ると述べました。

以前にも、例えば北方艦隊重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」地中海東部に居た2014年2月半ばには、展開する艦船が16隻まで増加した事が有りました。
[ロシア原潜は地中海に居る?]


昨年末までに黒海艦隊には有翼ミサイル「カリブル」搭載艦4隻(潜水艦「ノヴォロシースク」「ロストフ・ナ・ドヌー」、小型ロケット艦「セルプホフ」「ゼリョヌイ・ドル」)が配備されており、今後は、これらの艦が地中海東部へ進出してシリアISIL(シリア・レバントのイスラム国)拠点へ「カリブル」を発射する事も有り得るでしょう。
[ロシア海軍黒海艦隊は2015年に16隻の各種艦艇を受領した]


今年も黒海艦隊には新造のフリゲート(「アドミラル・グリゴロヴィチ」、「アドミラル・エッセン」)潜水艦(「スタールイ・オスコル」、「クラスノダール」)などが配備され、これは地中海東部へ展開できる艦が増加する事を意味します。
関連記事
スポンサーサイト