巡航ミサイル"カリブル"を装備するロシア海軍黒海艦隊の最新鋭小型ロケット艦ゼリョヌイ・ドルは掃海艦と共に地中海へ向かった


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2016年2月13日12時38分配信
【小型ロケット艦「ゼリョヌイ・ドル」と海洋掃海艦「コヴロヴェツ」は地中海で任務を遂行する為にセヴァストーポリから出た】
黒海艦隊小型ロケット艦「ゼリョヌイ・ドル」海洋掃海艦「コヴロヴェツ」は、地中海ロシア海軍常設グループの一員として任務を遂行する為、戦力の計画ローテーションに沿ってセヴァストーポリから出た。

2015年11月、A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場黒海艦隊の為に建造された小型ロケット艦「ゼリョヌイ・ドル」は、国家受領試験を完了後にセヴァストーポリへ到着した。
12月12日、同艦は聖アンドレイ旗掲揚を祝った。
艦の乗組員が地中海で任務を遂行するのは初めてになる。

出航前に船員は、組織的な艦内勤務や海上で戦闘訓練活動を実施する為に成すべき錬成任務へ取り組んだが。

海洋掃海艦「コヴロヴェツ」は、以前には大西洋及びペルシャ湾で任務を遂行したが、長期中断に関連し、遠海ゾーンへの出航は、現在の乗組員にとっては初めてとなる。

2月8日から12日まで双方の艦は南方軍管区の部隊の戦闘準備態勢の抜き打ち査察活動に関わっていた。


16-0213d.jpg
プロジェクト21631小型ロケット艦「ゼリョヌイ・ドル」は、ロシア内陸部ゼレノドリスクA.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場で建造され、2015年12月12日に就役し、黒海艦隊へ編入されました。
就役から2ヶ月しか経っていない最新鋭艦です。
[巡航ミサイル"カリブル"を装備する最新鋭小型ロケット艦ゼリョヌイ・ドルとセルプホフはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

2016年2月8日から12日まで行なわれたロシア南方軍管区(黒海艦隊を含む)の抜き打ち演習では、上陸部隊の支援砲撃を行ないました。
[ロシア海軍黒海艦隊はクリミア半島で上陸演習を行なった]

抜き打ち演習を終えて帰港した翌日、今度は地中海東部へ行く事になりました。

無論、「ゼリョヌイ・ドル」にとっては初の地中海任務となります。

「ゼリョヌイ・ドル」の主兵装は有翼ミサイル「カリブル」ですが、既にこのミサイルは、シリアISIL(イラク・レバントのイスラム国)拠点へ向けて何度か発射されています。
[ロシア海軍カスピ小艦隊の4隻の艦はシリアへ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]
[ロシア海軍は巡航ミサイルでシリアのISIL(イラクとレバントのイスラム国)拠点を攻撃した]
[ロシア連邦軍参謀本部作戦管理総局長はロシア海軍によるシリアのISIL(イラクとレバントのイスラム国)拠点攻撃について語った]
[ロシア海軍カスピ小艦隊は再びシリアのISIL(シリアとレバントのイスラム国)拠点へ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]

地中海東部(シリア沖)からも、昨年12月9日にISIL拠点へ「カリブル」が発射されています。
[ロシア海軍黒海艦隊の潜水艦ロストフ・ナ・ドヌーは地中海東部からシリアのISIL(イラク・レバントのイスラム国)拠点へ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]

「ゼリョヌイ・ドル」ISIL拠点へ「カリブル」を発射する可能性は除外されないでしょう。


16-0213c.jpg
「ゼリョヌイ・ドル」と共に出航したプロジェクト266M海洋掃海艦「コヴロヴェツ」は、レニングラード(現サンクトペテルブルク)中部ネヴァ川造船工場で建造され、1974年11月21日に就役し、黒海艦隊へ編入されました。
こちらは就役から41年のオールドタイマーです。

就役後は大西洋(西アフリカ沖)の漁場でソ連漁船の警護任務に就き、1980年代のイラン・イラク戦争時にはペルシャ湾へ派遣されました。
1987年にはペルシャ湾で27隻のソ連商船を護衛し、1988年には32隻の商船(タンカー、貨物船)を護衛しました。

その後は黒海から出る事は有りませんでしたが、今回、28年ぶりに黒海を出る事になりました。

これまでロシア海軍地中海作戦連合部隊掃海艦が参加した事は有りませんでしたが、今回、初めて地中海東部(シリア沖)へ派遣される事になりました。
しかも、イラン・イラク戦争時にペルシャ湾へ派遣されたベテラン艦が。


現在、地中海東部には、太平洋艦隊親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」北方艦隊大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を中核とする作戦部隊が展開しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグはシリア沖で戦闘任務に就いている]
[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフは地中海で水中破壊工作員を撃退する演習を行なった]

この他に、現時点では、大型揚陸艦「アゾフ」、「ミンスク」、「ヤマル」「シリア・エクスプレス」(シリアへの輸送任務)の為に地中海東部へ派遣されています。
スポンサーサイト