fc2ブログ

ロシア海軍の新鋭フリゲート・プロジェクト11356R(アドミラル・グリゴロヴィチ型)近影

16-0220g.jpg
現在、カリーニングラード沿バルト造船工場「ヤンターリ」では、ロシア海軍の為のプロジェクト11356R警備艦(フリゲート)が建造されています。
[ロシア海軍の為の新たなフリゲート~プロジェクト11356R(アドミラル・グリゴロヴィチ型)とプロジェクト22350(アドミラル・ゴルシコフ型)]
[アドミラル・グリゴロヴィチ型フリゲート]

プロジェクト11356Rは、現在までに5隻が起工され、この内の3隻が進水し、1番艦と2番艦は就役間近です。
6隻の建造が計画されており、全て黒海艦隊へ配備されます。


以下の写真は、最近(2016年1月末から2月中旬)に撮影されたプロジェクト11356Rの1~5番艦です。

「アドミラル・グリゴロヴィチ」Адмирал Григорович:工場番号01357
2010年12月18日起工/2014年3月14日進水/2016年3月就役予定
3月上旬の就役に向け、造船所で最終点検が行なわれています。
[プロジェクト11356R警備艦アドミラル・グリゴロヴィチは2016年3月上旬にロシア海軍へ就役する]
16-0220b.jpg


「アドミラル・エッセン」Адмирал Эссен:工場番号01358
2011年7月8日起工/2014年11月7日進水/2016年4月就役予定
2016年2月初頭から国家受領試験が行われています。
[ロシア海軍最新警備艦(フリゲート)アドミラル・エッセンは国家受領試験の為に抜錨した]
16-0220c.jpg


「アドミラル・マカロフ」Адмирал Макаров:工場番号01359
2012年2月29日起工/2015年9月2日進水/2016年就役予定
2015年9月の進水後、造船所の岸壁で最終艤装が行なわれています。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のプロジェクト11356フリゲート3番艦アドミラル・マカロフは2016年6月末までに就役する]
16-0220d.jpg


「アドミラル・ブタコフ」Адмирал Бутаков:工場番号01360
2013年7月12日起工/2018年以降に就役予定
16-0220e.jpg


「アドミラル・イストミン」Адмирал Истомин:工場番号01361
2013年11月15日起工/2018年以降に就役予定
16-0220f.jpg


4番艦以降(「アドミラル・ブタコフ」、「アドミラル・イストミン」)の建造工事は2015年春から凍結されていましたが、同年8月に再開されました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のプロジェクト11356Rフリゲートの建造は再開された]

プロジェクト11356Rの4番艦以降には、ロシア国内で製造されるエンジンが載せられる事になります。
[ロシア海軍のアドミラル・グリゴロヴィチ型フリゲートはウクライナ製ガスタービンエンジンを代替する]
[ロシア海軍の為のプロジェクト11356Rフリゲートはウクライナ製の代わりにロシア製ガスタービンを装備する]
[ロシアはガスタービンエンジン供給中止に関してウクライナを訴える]

プロジェクト11356Rの調達は6隻で終了します。
[ロシア海軍向けのプロジェクト11356R警備艦(アドミラル・グリゴロヴィチ型フリゲート)の建造は6隻で終了する]
関連記事
スポンサーサイト