FC2ブログ

大型揚陸艦ニコライ・フィリチェンコフはシリアへ向かっていない

12-0617a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より。
【黒海艦隊はシリアへ艦艇が派遣されたという情報を否定する】
モスクワ、6月17日-ロシア通信社ノーボスチ

大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」タルトゥースロシア連邦国防省の施設保護の為、海軍歩兵支隊を乗せてシリアタルトゥース港へ派遣されたというメディアの報道は、現実に対応しておらず、同艦はセヴァストーポリに居る。
ロシア連邦黒海艦隊の情報提供者は、ロシア通信社ノーボスチに伝えた。

日曜日、複数のウクライナのメディアは、CNNを含むアメリカの放送局の報道を引用し、ロシア戦闘艦「ニコライ・フィリチェンコフ」が軍事貨物と海軍歩兵支隊を乗せてシリアへ派遣されたと報じた。
(アメリカの)放送局は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)の情報提供者の話を引用して伝えた。
更にアメリカのメディアは、アメリカ合衆国軍の情報部がシリアへ向かう同艦の動向を追跡していると主張した。

ロシア通信社ノーボスチの特派員は、大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」セヴァストーポリの北方桟橋の一つに停泊している事を個人的に確認した。
同艦は係留されており、動いていない事が分かる。
士官の一人は、大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」が2012年6月8日には停泊していたと説明した。

「同艦は、いつでも出港できる準備を整えており、艦隊の全ての戦闘艦も同様です。
海軍歩兵は乗せられておらず、シリアへ向けて航海するという指示は下っておりません。
乗組員は、日常の業務に従事しています」

情報提供者は述べた。
(2012年6月17日12時11分配信)


記事中で取り上げられている「CNNを含むアメリカの放送局の報道」は、これです。
2012年6月16日配信
【ロシア軍艦船がシリアへ出航、兵器や兵士積み 米国が追跡】

この記事によると、6月7日に黒海艦隊大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」シリアへ向けて出港したとの事です。

この報道は、ロシア連邦軍参謀本部の関係者により否定されました。
[ロシア黒海艦隊艦艇はシリアへの航海を準備する]

そして今回、ロシア黒海艦隊の関係者、そして、ロシア通信社ノーボスチ特派員により、完全に否定されました。

大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」は、セヴァストーポリに居ます。
関連記事
スポンサーサイト