ロシア海軍バルト艦隊の警備艦(フリゲート)ネウストラシムイは2016年末に復帰する


『ポートニュース』より
2016年4月29日18時30分配信
【造船工場「ヤンターリ」は警備艦「ネウストラシムイ」を修理後の2016年末にバルト艦隊への引き渡しを計画している】

合資会社「沿バルト造船工場ヤンターリ」(カリーニングラード)は、警備艦「ネウストラシムイ」の修理後のバルト艦隊への引き渡しを計画している。
情報分析エージェンシー『ポートニュース』は同社より伝えられた。

工場が話したように、現時点における実行作業量は50パーセントである

沿バルト造船工場「ヤンターリ」は、ケーニヒスベルク造船会社「F.シハウ」をベースとして1945年7月8日に設立された。
カリーニングラードに位置する。
小型-中型の軍用及び民間用の船舶の建造と艦船修理を専門としている。
70年間で工場は160隻の軍用艦と500隻以上の民間船を建造した。
支配者持ち分株式は、国営の合資会社『統合造船業営団』に属している。


バルト艦隊警備艦「ネウストラシムイ」(1993年就役)は、2013年3月下旬にバルチースクを出港、3度目の海賊対処任務の為にアデン湾へ向かい、10月17日に帰港しました。
[フリゲート「ネウストラシムイ」は3度アデン湾から帰ってきた]

その後はカリーニングラードヤンターリ造船所へ回航され、修理および部分的な近代化改装が行なわれています。
16-0502f.jpg
[ロシア海軍のフリゲート「ネウストラシムイ」は2015年に復帰する]

ガスタービン機関は、サマーラ工場で修理されています。
[ロシア海軍のフリゲート"ネウストラシムイ"のガスタービン機関はサマーラで修理される]

当初、「ネウストラシムイ」は2015年末までに復帰する計画でしたが、今回の記事の通り、1年遅れて2016年末になるようです。


なお、同型艦の「ヤロスラフ・ムードルイ」(2009年就役)も修理が行なわれていましたが、今年4月までに復帰しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはコルベット"ボイキー"と共に砲撃訓練を行なった]
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはコルベット"ボイキー"と共に対潜戦闘訓練を行なった]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。