FC2ブログ

ロシア太平洋艦隊近況

この1週間のロシア太平洋艦隊の主な動向。
12-0624c.jpg


『ロシア通信社ノーボスチ・極東管区ニュース』より。
2012年6月19日20時02分配信
【太平洋艦隊艦船支隊は、太平洋のハワイへの進路上において演習を行なった】

ハワイ周辺で実施される環太平洋合同演習「リムパック-2012」に参加するロシア太平洋艦隊の艦船部隊(大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」、給油船「ボリス・ブートマ」、海洋救助船「フォーチィ・クリロフ」)は、太平洋上において対潜、対空、対艦戦闘訓練を実施しました。
この時点(6月19日)で、リムパック参加部隊は、ウラジオストクを出発して以来、約1500海里を航行しています。

リムパック参加部隊は、6月13日にウラジオストクを出港しました。
[ロシア太平洋艦隊艦艇部隊は環太平洋演習リムパック-2012へ参加する為にハワイへ向かった]

6月14日夕方、津軽海峡を通過しました。
『統合幕僚監部公式サイト』より
【ロシア海軍艦艇の動向について(6月15日)】


12-0624a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より。
ロシア連邦国防省報道サービス・情報管理部公式発表
2012年6月22日11時22分配信
【本日(6月22日)、太平洋艦隊の戦闘訓練射爆場において、緊急事態の潜水艦を捜索・救助する為の演習が行なわれる】

2012年6月22日、沿海地方沖で事故に遭った潜水艦を捜索・救助する演習が実施されました。

演習には、ディーゼル電気推進潜水艦B-260大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」及び「アドミラル・ヴィノグラードフ」小型対潜艦、そして海軍航空隊の捜索救助部隊が参加しました。

つまり、潜水艦B-260が「遭難した潜水艦」に扮するという事です。

「小型対潜艦」というのは、ウラジオストク(ウリス湾)に駐留するプロジェクト1124「アリバトロース」、西側コード名「グリシャ」級を指しています。

ウリス湾
画面上中央にディーゼル潜水艦2隻、左下に小型対潜艦4隻が停泊しています。

12-0624d.jpg



ロシア太平洋艦隊には4隻の大型対潜艦が所属しており、この内の1隻(「アドミラル・パンテレーエフ」)はハワイへ向かう途中、他の2隻(「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」)が6月22日の潜水艦捜索救助演習に参加しました。

残る1隻は「マルシャル・シャーポシニコフ」です。
12-0624b.jpg

「マルシャル・シャーポシニコフ」は、4月下旬に実施された中国海軍との合同演習には参加しています。
[ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」]


太平洋艦隊大型対潜艦4隻は、交代でアデン湾海賊対処任務へ派遣されています。

現在は北方艦隊大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」アデン湾に居ますが、仮に、この次太平洋艦隊から海賊対処部隊を派遣するとなれば、これまでの順番から見て、「マルシャル・シャーポシニコフ」になります。

ちなみに、これまでの派遣順序は、こうなっています。
「アドミラル・ヴィノグラードフ」→「アドミラル・パンテレーエフ」→「アドミラル・トリブツ」→「マルシャル・シャーポシニコフ」→「アドミラル・ヴィノグラードフ」→「アドミラル・パンテレーエフ」→「アドミラル・トリブツ」
関連記事
スポンサーサイト