ロシア海軍太平洋艦隊の為の6隻のプロジェクト06363潜水艦は2018-2021年に引き渡される

16-0904a.jpg
『タス通信』より
2016年9月2日20時25分配信
【太平洋艦隊の為の6隻の「ワルシャワンカ」は2018-2021年の作成が計画されている】
サンクトペテルブルク、9月2日/タス通信

太平洋艦隊の為のディーゼルエレクトリック潜水艦プロジェクト636.3(ワルシャワンカ)シリーズ6隻は、2018年から2021年の建造が計画されている。
金曜日、軍事産業企業体の情報提供者は報道機関へ伝えた。

「潜水艦6隻の建造契約は、今後3ヶ月以内に締結されます。
建造は2018年から2021年までの期間に実施されます」

彼は話した。

情報提供者によると、2019年よりも後には、海軍へ毎年2隻の潜水艦が引き渡される。
対談者は、シリーズの建造には、大方はサンクトペテルブルク『アドミラルティ造船所』が従事する事になるだろうと説明した。
「この決定は最も確実でしょう。
アドミラルティ造船所は、このシリーズへ取り組んできましたから」

彼は話した。

タス通信は、この情報を公式に確認していない。

以前、『統合造船業営団』総裁アレクセイ・ラフマノフは、潜水艦シリーズ建造の発注の一部は極東『アムール造船工場』へ回される事も有り得ると発言した。

「ワルシャワンカ」の名で知られるプロジェクト636.3潜水艦は、中央設計局『ルビーン』により開発された。
ロシア海軍(黒海艦隊)の戦闘編制には、既に4隻の同プロジェクト潜水艦が在籍している。
第5及び第6の潜水艦は2016年に黒海艦隊への引き渡しが計画されている。


[プロジェクト06363潜水艦]

現在、ロシア海軍の為のプロジェクト06363潜水艦は4番艦まで就役しており、今年(2016年)には更に2隻が就役します。
全てサンクトペテルブルク『アドミラルティ造船所』で建造されています。

プロジェクト06363は、輸出用のプロジェクト636を更に改良したタイプであり、今後建造される第5世代非核動力潜水艦「カリーナ」級の開発設計作業の成果がフィードバックされています。

プロジェクト06363潜水艦には有翼ミサイル「カリブル」が装備されます。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

[プロジェクト06363]
・B-261「ノヴォロシースク」(Б-261 Новороссийск)
建造番号01670
2010年8月20日起工/2013年11月28日進水/2014年8月22日就役
黒海艦隊へ配備

・B-237「ロストフ・ナ・ドヌー」(Б-237 Ростов-на-Дону)
建造番号01671
2011年11月21日起工/2014年6月26日進水/2014年12月30日就役
黒海艦隊に配備

・B-262「スタールイ・オスコル」(Б-262 Старый Оскол)
建造番号01672
2012年8月17日起工/2014年8月28日進水/2015年7月3日就役
黒海艦隊に配備

・B-265「クラスノダール」(Б-265 Краснодар)
建造番号01673
2014年2月20日起工/2015年4月25日進水/2015年11月5日就役
黒海艦隊に配備予定

・B-268「ヴェリキー・ノヴゴロド」(Б-268 Великий Новгород)
建造番号01674
2014年10月30日起工/2016年3月18日進水/2016年11月末就役予定
黒海艦隊に配備予定

・B-271「コルピノ」(Б-271 Колпино)
建造番号01675
2014年10月30日起工/2016年5月31日進水/2016年11月末就役予定
黒海艦隊に配備予定



15-0530c.jpg
今年1月16日、ロシア海軍造船管理部長ウラジーミル・トリャピチニコフ氏は、太平洋艦隊向けにも6隻のプロジェクト06363潜水艦の建造が計画されている事を明らかにしました。
[6隻のプロジェクト06363(改キロ級)潜水艦がロシア海軍太平洋艦隊の為に建造される]

太平洋艦隊向けの6隻の06363潜水艦は、サンクトペテルブルク『アドミラルティ造船所』コムソモリスク・ナ・アムーレ『アムール造船工場』での建造が検討されていました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の6隻のプロジェクト06363潜水艦はコムソモリスク・ナ・アムーレ或いはサンクトペテルブルクで建造される]
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦は2017年から建造を開始する]
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の6隻のプロジェクト06363潜水艦はコムソモリスク・ナ・アムーレとサンクトペテルブルクで建造される]

アドミラルティ造船所
16-0127a.jpg

アムール造船工場
16-0117e.jpg

しかし結局、『アドミラルティ造船所』での建造が決定されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦はサンクトペテルブルクで建造される]

そして今回、太平洋艦隊向けのプロジェクト06363潜水艦は、2018年から2021年までの間にロシア海軍への引き渡しが計画されている事が明らかにされました。

記事を読む限り、引き渡しのスケジュールは、こうなるようです。

2018年:1番艦
2019年:2番艦
2020年:3番艦、4番艦
2021年:5番艦、6番艦


2021年末までに引き渡されるプロジェクト06363潜水艦の通算12番艦(太平洋艦隊向けの6番艦)が、おそらくは最後の「キロ級」潜水艦になるでしょう。
スポンサーサイト