ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海の演習で前線爆撃機Su-24と艦上戦闘機Su-33の攻撃を撃退した

16-0922b.jpg
16-0922c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年9月21日17時0分配信
【北方艦隊の艦はバレンツ海の演習でSu-24とSu-33の攻撃を撃退した】
モスクワ、9月21日-ロシア通信社ノーボスチ

重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」で構成される打撃艦グループは、多種戦力計画演習の枠組みにおいて、バレンツ海で仮想敵の空中からの攻撃を撃退した・
北方艦隊広報サービス部長ワジム・セルガ1等海佐は発表した。

以前、北方艦隊は、水上戦闘艦、原子力潜水艦及びディーゼル潜水艦、沿岸ロケット砲兵部隊、北方艦隊航空・防空軍、物資技術供給部隊が関わる計画演習を開始した。
一連の艦船連合部隊にとって、これは夏季演習期間におけるメインの戦闘訓練活動になる。

「空中目標の役割を演じたのは、北方艦隊の独立混成航空連隊の航空機Su-24と、独立艦上戦闘機航空連隊のSu-33でした。
彼等は、有翼ミサイルによる攻撃と、爆弾による航空攻撃を模していました」
セルガ
は話した。

彼は、計画演習において巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」乗組員は、様々な砲システムAK-130AK-630を使用し、更には、艦船連合部隊への襲撃機及び戦闘機の突然の急降下攻撃を撃退する為の演習を実施した事を指摘した。

「現在、軍事船員は北方艦隊独立艦上戦闘機航空連隊の戦闘機Su-27と連携し、空中目標を迎撃し、艦上高射ミサイル兵器を使用して仮想敵の空中攻撃を撃退する為の演習を行なっています」
セルガ
は付け加えた。

彼によると、艦は電波兵器管制装置により捕捉・追尾目標の算定へ取り組む。
セルガは、演習の最終段階において、空中目標への砲及び高射ミサイルの戦闘射撃が実施されると指摘した。



北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(1998年4月18日就役)は、2013年10月22日から2014年5月18日まで地中海への遠距離航海を行ない、この時にシリア化学兵器輸送船の護衛に参加しました。
[原子力巡洋艦ピョートル・ヴェリキー地中海遠征(2013年10月-2014年5月)]

2014年11月、バレンツ海で戦闘訓練を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海で戦闘訓練を行なう]

2014年12月にはグリーンランド沖へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはグリーンランド沖で潜水艦と「決闘」する為に出航した]

2015年9月初頭から12月初頭まで、定期修理を行なう為、ロスリャコヴォ第82艦船修理工場大型浮きドックPD-50へ入渠しました。
15-0831b.jpg
[ロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは浮きドックで修理を行なう]
[ロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは浮きドックへ入った]

2016年5月にはバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは訓練の為にバレンツ海へ出航した]
[重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはロシア海軍北方艦隊の演習へ参加する]

駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」は、2016年年8月中旬にもバレンツ海で演習を行なっています。
[ロシア海軍北方艦隊の駆逐艦と大型対潜艦はバレンツ海で砲撃訓練を行なった]



2016年9月20日から北方艦隊の大規模演習が始まり、「ピョートル・ヴェリキー」「アドミラル・ウシャコーフ」バレンツ海へ出航しました。

2隻は防空演習を行ないましたが、この時に「敵機」役を務めたのは、前線爆撃機Su-24と、そして艦上戦闘機Su-33でした。

北方艦隊広報部発表を見る限り、Su-24対艦ミサイルで、Su-33無誘導爆弾「ピョートル・ヴェリキー」「アドミラル・ウシャコーフ」を攻撃するという想定だったようです。
(Su-33には対艦ミサイルの搭載・運用能力は無い)


現在、バレンツ海には、北方艦隊の3個グループが出航しています。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2016年9月22日9時57分配信
【北方艦隊の演習中にバレンツ海への多種戦力グループの展開へ取り組む】

[第1打撃艦グループ]
重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」
駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」

[第2打撃艦グループ」
小型ロケット艦「ラッスヴェート」、「アイスベルク」

[捜索・打撃艦グループ]
小型対潜艦「ユンガ」、「ブレスト」


今回の演習の指揮を執るのは、「ピョートル・ヴェリキー」に座乗する北方艦隊副司令官ヴィクトール・ソコロフ中将です。
この演習には、計12隻の原子力潜水艦、ディーゼル潜水艦、水上戦闘艦、約10隻の各種支援船が参加します。
スポンサーサイト