ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海で砲撃訓練を行なった

16-0923a.jpg
『タス通信』より
2016年9月23日10時33分配信
【北方艦隊の艦船グループは演習で空中攻撃を撃退した】
モスクワ、9月23日/タス通信

重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」率いる北方艦隊打撃艦グループは、演習において仮想敵の大規模な空中攻撃を撃退した。
同艦隊の広報サービス部長ワジム・セルガ1等海佐は発表した。

「これは、水上艦の乗組員の戦闘訓練において困難な要素の1つです。
その特質は、巡洋艦ピョートル・ヴェリキーと駆逐艦アドミラル・ウシャコーフの艦内戦闘班は、高射複合体及び砲兵装で2基の超音速有翼ミサイル標的RM-120を撃破する必要が有ったという点に有ります」

彼は話した。

その後、艦は更に8基の模擬空中目標~小型対潜艦「ブレスト」及び「ユンガ」から発射された小型固体燃料ロケット「サマン」を撃破した。

「演習の予備的な結果によると、10基の空中目標は全て艦船グループの航路上で成功裏に撃破されました」
セルガ
は伝えた。

バレンツ海北方艦隊戦闘訓練射爆場の高射ミサイル及び砲射撃実施海域は、その前に船舶航行が禁止されたと艦隊の代理人は伝えた。
発射実行前に閉鎖海域の状況を監視したのは、北方艦隊航空・防空軍対潜航空機Il-38であった。

[仮想敵揚陸部隊]
重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」
に率いられる北方艦隊の艦は、金曜日、更にバレンツ海の演習中に仮想敵の揚陸支隊を破壊した。

演習シナリオについて艦隊は説明した。
「敵は、ルイバチー半島の無防備の海岸への海洋揚陸部隊の上陸を開始しました」

「海域を哨戒していた対潜航空機Il-38から指示目標を受信した後、打撃艦グループは、海上及び地上目標を模した目標位置へ艦砲を命中させました」
艦隊の広報サービスは話した。

砲撃は、巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」AK-130砲から行なわれた。
射撃の特徴は、艦隊が指摘したように、可視ゾーンの外に在る沿岸目標への火力投射である。

北方艦隊の多種戦力の演習は9月20日に始まった。
演習の様々な段階には、12隻の戦闘艦、潜水艦、約10隻の支援船、北方艦隊航空・防空軍航空機ヘリコプターが関わる。



北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(1998年4月18日就役)は、2013年10月22日から2014年5月18日まで地中海への遠距離航海を行ない、この時にシリア化学兵器輸送船の護衛に参加しました。
[原子力巡洋艦ピョートル・ヴェリキー地中海遠征(2013年10月-2014年5月)]

2014年11月、バレンツ海で戦闘訓練を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海で戦闘訓練を行なう]

2014年12月にはグリーンランド沖へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはグリーンランド沖で潜水艦と「決闘」する為に出航した]

2015年9月初頭から12月初頭まで、定期修理を行なう為、ロスリャコヴォ第82艦船修理工場大型浮きドックPD-50へ入渠しました。
15-0831b.jpg
[ロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは浮きドックで修理を行なう]
[ロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは浮きドックへ入った]

2016年5月にはバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは訓練の為にバレンツ海へ出航した]
[重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはロシア海軍北方艦隊の演習へ参加する]

駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」は、2016年年8月中旬にもバレンツ海で演習を行なっています。
[ロシア海軍北方艦隊の駆逐艦と大型対潜艦はバレンツ海で砲撃訓練を行なった]



16-0923b.jpg
2016年9月20日から北方艦隊の大規模演習が始まり、「ピョートル・ヴェリキー」「アドミラル・ウシャコーフ」バレンツ海へ出航しました。
9月22日には防空演習を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海の演習で前線爆撃機Su-24と艦上戦闘機Su-33の攻撃を撃退した]

そして9月23日には、引き続き防空演習と、そしてルイバチー半島沿岸への砲撃訓練が実施されました。
16-0923c.jpg


現在、バレンツ海には、北方艦隊の3個グループが出航しています。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2016年9月22日9時57分配信
【北方艦隊の演習中にバレンツ海への多種戦力グループの展開へ取り組む】

[第1打撃艦グループ]
重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」
駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」

[第2打撃艦グループ」
小型ロケット艦「ラッスヴェート」、「アイスベルク」

[捜索・打撃艦グループ]
小型対潜艦「ユンガ」、「ブレスト」


今回の演習の指揮を執るのは、「ピョートル・ヴェリキー」に座乗する北方艦隊副司令官ヴィクトール・ソコロフ中将です。
この演習には、計12隻の原子力潜水艦、ディーゼル潜水艦、水上戦闘艦、約10隻の各種支援船が参加します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。