ロシア海軍の艦上戦闘機Su-33のエンジン生産が再開される

16-1003a.jpg
16-1003c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年10月3日10時56分配信
【『統合発動機製造営団』は艦上戦闘機Su-33の為のエンジン生産を再開する】
モスクワ、10月3日-ロシア通信社ノーボスチ

艦上戦闘機Su-33の為のターボジェットエンジンAL-31Fの生産は、『ウファ発動機製造合同』の生産設備で再開される。
月曜日、『統合発動機製造営団』広報サービスは報道機関へ伝えた。

「『統合発動機製造営団』は国家発注による需要を保障する為、艦上戦闘機Su-33の為のターボジェットエンジンAL-31Fシリーズ3の生産を再開します。
エンジンは、公開株式会社『ウファ発動機製造合同』(『統合発動機製造営団』へ含まれる)により供給されます」

声明では、こう述べられた。

声明によると、海洋重戦闘機の為の新たなエンジンは、現代的な外観のAL-31Fファミリーのエンジンへ既に適用されている改良を導入して生産される。
海軍航空隊の軍備である航空機Su-33エンジンは、全段階の試験を実施した後に受け入れられる。

第4世代ターボジェットエンジンAL-31Fは、航空機Su-27と、その派生型(Su-30MK、Su-33、Su-34など)への設置が意図されている。
AL-31Fシリーズ3の特徴は、航空機が完全な戦闘荷重或いは2度目の緊急発進の為に飛行甲板から離艦する際に使用される追加特殊モードの導入が可能な事に有る。



16-1003b.jpg
[ロシア海軍の艦上戦闘機連隊は創設40周年を迎えた]
[伝説のロシア艦上戦闘機パイロット、故チムール・アパキージェは60回目の誕生日を迎えた]
[空母アドミラル・クズネツォフの最高の艦上戦闘機パイロット達]
[ロシア海軍の艦上戦闘機Su-33(Su-27K)は空母の甲板への初着艦から25周年の記念日を迎えた]

ロシア海軍艦上戦闘機Su-33は、北方艦隊「スモレンスク赤旗授与・ソ連邦英雄2度受賞ボリス・サフォーノフ記念第279独立艦上戦闘機航空連隊」にのみ配備されており、空母「アドミラル・クズネツォフ」を母艦としています。
(普段はセヴェロモルスク-3飛行場に駐留)
現在の総保有機は21機であり、この内の14機程度が稼働状態に在ります。
15-0320d.jpg

Su-33は寿命延長近代化改修が行なわれており、少なくとも2025年までは運用されることになります。
[ロシア北方艦隊艦上戦闘機隊は近代化改修されたSu-33を受け取った]
[ロシア海軍航空隊の艦上戦闘機Su-33は2025年まで現役に留まる]

第279連隊Su-33は、2016年4月26日から6月24日までクリミア半島サキ飛行場艦上機訓練施設「ニートカ」で「発着艦」訓練を行ないました。
[ロシア海軍航空隊の艦上戦闘機Su-33はクリミア半島の訓練複合体ニートカでの発着訓練を完了した]


その後、7月1日から母艦「アドミラル・クズネツォフ」での飛行訓練を行ないました。
[ロシア海軍の正規空母アドミラル・クズネツォフの艦載機の飛行訓練が始まった]
[ロシア海軍の正規空母アドミラル・クズネツォフの艦載機の発着艦訓練が始まった]

2016年夏以降、Su-33には、無誘導航空爆弾誘導爆弾並みの精度で使用する事ができる特殊計算サブシステムSVP-24が順次搭載されています。
[ロシア海軍航空隊の艦上戦闘機Su-33は地上攻撃の為の新たなシステムを装備する]


そして今度は、Su-33のエンジン~AL-31F3の生産が再開される事になりました。
AL-31F3の生産は、ウファ市『ウファ発動機製造合同』で行なわれます。
16-1003d.jpg
スポンサーサイト