ロシア海軍航空隊の為のヘリコプター型無人航空複合体が開発される

16-1204b.jpg
16-1204c.jpg
『タス通信』より
2016年12月3日10時0分配信
【ロシアは海軍航空隊の為の無人偵察ヘリコプターを作成する】
モスクワ、12月3日/タス通信

ヘリコプター型偵察用無人飛行装置ロシア連邦海軍航空隊のニーズの為に作成される。
土曜日にタス通信ロシア防衛産業企業体の情報提供者より伝えられた。

「偵察及び目標指示の為に意図されるヘリコプター型無人航空複合体は、ロシア連邦海軍航空隊の要求により作成されます」
対談者は話した。

彼によると、複合体は、攻撃手段への目標指示、射撃の調整、更には地形の地図作成、遭難した航空機および船舶の乗組員の発見が可能である。
その構成には、複数の無人飛行装置、制御手段、自動化手段、輸送手段、更には技術的サービス拠点が含まれる。

16-1204a.jpg
雑誌『無人航空機』編集長デニス・フェドゥチコフは、この情報についてのタス通信特派員へのコメントで指摘した。
彼の知識では、この開発は、かつてロシア連邦国防省の要求により、テーマ「ローレル」の枠組みで作成されたが、失敗に終わった装置と寸法が非常に良く似る物になるかもしれない。

専門家によると、海軍の要求により、そのような無人機を使用する事は非常に有望であり、偵察ヴァーションは状況認識の向上を可能とするものの、更に限定的な打撃能力を持つ可能性は排除されない。



[ロシア海軍航空隊の為の有人/無人航空機が開発される]
スポンサーサイト