ロシア海軍黒海艦隊の大型揚陸艦ヤーマルはシリア沖からセヴァストーポリへ帰港した

17-0221e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年2月21日10時14分配信
【黒海艦隊の大型揚陸艦「ヤーマル」は地中海からセヴァストーポリへ戻った】

黒海艦隊大型揚陸艦「ヤーマル」は、地中海での任務遂行を完了した後にセヴァストーポリへ戻ってきた。

以前に大型揚陸艦ダーダネルスボスポラス黒海海峡を無事に通過した後、黒海で一連の計画戦闘訓練任務を遂行した。

「ヤーマル」の遠距離航海期間は、地中海ロシア海軍常設連合部隊の一員として行動する計画ローテーションに基づいていた。



17-0202a.jpg
黒海艦隊大型揚陸艦「ヤーマル」は、2017年1月29日にボスポラス海峡を南下し、地中海へ入りました。
(つまり、1月27日か28日頃にセヴァストーポリを出航した)

今回の発表では「地中海で任務を遂行した」としか言っておりませんが、これまでの例から見て、黒海沿岸からシリア(タルトゥース港)への輸送任務(シリア・エクスプレス)に就いていた事は間違いないでしょう。
(「ヤーマル」は今年になってから2回目)

そして2月18日にボスポラス海峡を北上し、黒海へ入りました。

その後、黒海で戦闘訓練を行ない、2月21日にセヴァストーポリへ帰港しました。


2月21日には、バルト艦隊から地中海へ派遣されている大型揚陸艦「コロリョーフ」ボスポラス海峡を南下し、地中海へ入っています。
(今年に入って3回目の「シリア・エクスプレス」)
[ロシア海軍バルト艦隊の大型揚陸艦コロリョーフはシリアへ貨物を運ぶ]

2月19日には、黒海艦隊大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」ボスポラス海峡を南下し、地中海へ入りました。
(今年に入って2回目の「シリア・エクスプレス」)

その前日の2月18日には、同じく黒海艦隊大型揚陸艦「ツェーザリ・クニコフ」ボスポラス海峡を南下し、地中海へ入りました。
(今年に入って2回目の「シリア・エクスプレス」)

北方艦隊から地中海へ派遣されている大型揚陸艦「ゲオルギー・ポベドノーセッツ」は、2017年2月6日にボスポラス海峡を南下して地中海へ入り、2月16日には同海峡を北上して黒海へ戻りました。
(今年に入って1回目の「シリア・エクスプレス」)
スポンサーサイト