ロシア海軍太平洋艦隊向けのプロジェクト20380コルベット4隻は2017年~2020年に引き渡される

17-0310f.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年3月9日5時51分配信
【(ロシア)国防相代理はコルベットの引き渡し期限の挫折に関してアムール工場を批判した】
コムソモリスク・ナ・アムーレ、3月9日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア国防相代理(国防次官)ユーリー・ボリソフは、ロシア連邦海軍への戦闘艦の引き渡し期限の挫折に関してアムール造船工場を槍玉にあげた。

「アムール造船工場は、4隻のプロジェクト20380コルベットの建造に関する国防省の発注を遂行しております。
残念ながら、我々は、この工場へ数多くの不満を持っています。
何故ならば、1隻目のコルベットの引き渡しのスケジュールは、既に2年間に渡り挫折していますので」
ボリソフ
は木曜日に、極東及びシベリア防衛産業複合体企業への出張旅行の枠組みにおける同工場への訪問中に話した。

彼は付け加えた。
「産業省と統合造船業営団の指導部が何度も議論してきた客観的な理由が有りました」

同時に国防省は、工場は指定された契約履行のスケジュールを理解しており、4隻のコルベットは2020年までに海軍へ引き渡されると見ている。

「我々は、工場の生産現場の実情を見ました。
同社が製造した最初のプロジェクト20380コルベット"ソヴェルシェーンヌイ"は、既にウラジオストクの艤装基盤に在ります。
我々は、工場が計画されたスケジュールを理解し、作業の適切なリズムを維持できる事を期待しております」
ボリソフ
は話した。

「更に、今年に我々は最初のコルベットを、2018年、2019年、そして2020年には、それぞれ2隻目、3隻目、そして4隻目を受領する事になるでしょう」
ボリソフ
は締め括った。



[新世代コルベット「ステレグーシチー」型]
[ステレグーシチー型コルベット(旧ブログ)]

現在、ロシア極東コムソモリスク・ナ・アムーレ市『アムール造船工場』では、太平洋艦隊向けのプロジェクト20380コルベット4隻の建造が進められています。

1隻目の「ソヴェルシェーンヌイ」(2006年6月30日起工、2015年5月22日進水)は、現在、洋上航行試験が行なわれています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の最新鋭コルベット"ソヴェルシェーンヌイ"は洋上試験を開始した]
2017年に引き渡される予定です。
[新型コルベット"ソヴェルシェーンヌイ"は2017年前半にロシア海軍太平洋艦隊へ引き渡される]

2隻目の「グロームキー」は、2012年4月20日に起工されました。
[新世代コルベット「グロームキー」は起工された]
当初は2015年の引き渡しが予定されていましたが、建造工事は遅延しています。
[ロシア海軍の為のプロジェクト20380コルベット"グロームキー"の建造は対ロシア制裁の影響により遅延する]

3隻目の「ロシア連邦英雄アルダル・ツィジェンジャポフ」は2015年7月22日に起工されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト20380コルベット"ロシア連邦英雄アルダル・ツィジェンジャポフ"はコムソモリスク・ナ・アムーレで起工された]

4隻目の「リェーズキー」は2016年7月1日に起工されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の第4の新型コルベット"リェーズキー"はコムソモリスク・ナ・アムーレ造船所で起工された]


今回、ロシア国防次官ユーリー・ボリソフ氏が批判してるように、これらのコルベットの建造は予定よりも遅れています。

特に、「ソヴェルシェーンヌイ」は、以前には2015年の引き渡し予定だったのが2016年末に延期され、それでも引き渡しは実現せず、2017年に延期されました。

以前にはコルベットの建造費用で『アムール造船工場』ロシア国防省が揉めた事があり、結局、『アムール造船工場』の要求を全面的に受け入れ、コルベット1隻あたりの建造費用は65億ルーブルから130億ルーブルに増額されました。
[ロシア国防省は太平洋艦隊向けコルベットの建造価格増加に同意した]
[ロシア太平洋艦隊向けの新型コルベットの建造費用は130億ルーブルに増額された]

この時、建造費用改訂の合意書に署名したのはユーリー・ボリソフ氏ですが、造船所の要求を全面的に受け入れたのにコルベットの引き渡しが遅延したのでは、怒るのも無理は有りません。


そして、新たな太平洋艦隊向けのプロジェクト20380コルベットの引き渡し時期は、こうなりました。

「ソヴェルシェーンヌイ」:2017年
「グロームキー」:2018年
「ロシア連邦英雄アルダル・ツィジェンジャポフ」:2019年
「リェーズキー」:2020年


以前には太平洋艦隊向けに6隻のプロジェクト20380コルベットの建造が計画されていましたが、あとの2隻の建造は取り止めになるかもしれません。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為に6隻の新型コルベットが建造される]

将来的には『アムール造船工場』でもプロジェクト20386コルベット(プロジェクト20380の改良発展型)が建造される事になるでしょう。
[プロジェクト20386コルベット(ジェルズキ―型)]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。