ロシア海軍の為の最新深海誘導魚雷フトリャルの試験は2017年末までに完了する

17-0313a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年3月10日10時48分配信
【情報筋は(ロシア)海軍の為の最新魚雷「フトリャル」の試験について話した】
モスクワ、3月10日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア最新の深海誘導魚雷「フトリャル」(「フィジーク-2」)の試験は2017年の完了が計画されている。
それは、来年(2018年)に軍備採用されなければならない。
『ロシア通信社ノーボスチ』防衛産業企業体の情報提供者より伝えられた。

現在、ロシア海軍(水上)艦潜水艦の兵装として、魚雷「フィジーク-1」が在る。

「最新魚雷フトリャル~改良されたフィジーク~の試験は、現在、成功裏に行なわれています」
対談者は話した。

彼は、「フトリャル」は誘導システム、遠隔操作システムが改善され、目標攻撃距離が増加している事を指摘した。、

公開情報によると、魚雷「フトリャル」の速力は60ノット以上(時速約111キロメートル)、射程距離は60キロメートル以上、最大射撃深度は500メートルである。



2015年4月、ロシア海軍は、新たな汎用魚雷(対潜/対水上両用)・UGST(汎用深海誘導魚雷)「フィジーク」を制式採用しました。
[新型誘導魚雷フィジークはロシア海軍へ制式採用された]

「フィジーク」は、ロシア海軍最新鋭原潜「セヴェロドヴィンスク」などに搭載されています。
[ロシア海軍北方艦隊はバレンツ海で対潜戦闘訓練を行なった]

その後、「フィジーク」の更なる改良型である「フトリャル」の開発が進められており、現在、国家受領試験が行なわれています。
Футляр「ケース」を意味します。

当初、「フトリャル」は2016年末までに試験を完了し、2017年から量産を開始する予定でした。
[ロシア海軍の為の新型魚雷フトリャルは2017年から量産を開始する]

しかし、今回の記事で触れられているように、試験完了は2017年末までに延期されました。
試験完了後、2018年に制式採用され、量産が始まる事になるようです。


「フトリャル」は、ロシア海軍第4世代原潜戦略原潜「ボレイ」級多用途原潜「ヤーセン」級に搭載されることになります。
スポンサーサイト