ロシア海軍黒海艦隊の警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチは地中海東部(シリア沖)に到着した

17-0408s.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年4月8日10時25分配信
【黒海艦隊のフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」は地中海の海軍常設連合部隊の一員としての任務遂行を再開した】

本日、アナトーリー・ヴェリチコ3等海佐が艦長を務める黒海艦隊フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、地中海ロシア海軍常設連合部隊の一員として加わった。

4月3日から5日まで「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、ノヴォロシースクを非公式訪問したトルコ海軍艦船支隊のホストシップとなり、ロシア-トルコ海軍『PASSEX』タイプの2ヶ国間演習へ参加した。

[参照]
「アドミラル・グリゴロヴィチ」
は、海洋ゾーンフリゲート・プロジェクト11356のトップである。
このシリーズの艦の排水量は、およそ4000トン、速力は30ノット、自立航行期間は30日。

兵装:有翼ミサイル「カリブル-NK」、自己防衛ミサイル複合体「シチーリ-1」、口径100mm砲A-190、高射砲、反応爆雷装置、魚雷、更にはヘリコプターKa-27(或いはKa-31)を搭載できる。



ロシア海軍の最新警備艦(フリゲート)プロジェクト11356Rの1番艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」(494)は、カリーニングラード『ヤンターリ』造船所で2010年12月18日に起工され、2014年3月14日に進水し、2016年3月11日に就役し、同年6月9日にセヴァストーポリ基地へ到着しました。
[プロジェクト11356R警備艦(フリゲート)1番艦アドミラル・グリゴロヴィチはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]
[ロシア海軍最新フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は黒海艦隊基地セヴァストーポリへ到着した]

その後、何度か地中海への航海を行ないました。

2017年2月27日、「アドミラル・グリゴロヴィチ」セヴァストーポリを出航し、地中海東部へ向かいました。

それから約1ヶ月後の3月31日、出航したセヴァストーポリでは無く、黒海東岸ノヴォロシースクへ入港しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦アドミラル・グリゴロヴィチはシリア沖からノヴォロシースクへ戻ってきた]
17-0408u.jpg


4月3日、トルコ海軍フリゲート「バルバロス」(F-244)コルベット「ブユックアダ」(F-512)ノヴォロシースク港を訪れ、「アドミラル・グリゴロヴィチ」はホストシップを務めました。

「アドミラル・グリゴロヴィチ」は4月5日にノヴォロシースクを出航し、トルコ海軍ロシア黒海艦隊の合同演習へ参加しました。
[ロシア海軍とトルコ海軍は黒海で合同演習を行なった]

演習終了後は黒海の出口へ向かい、4月7日にボスポラス海峡を南下し、地中海へ出ました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチは再びシリアへ向かった]

そして4月8日にはロシア海軍地中海作戦連合部隊(2013年6月1日)へ加わりました。
つまり、地中海東部(シリア沖)へ到着したという事です。
17-0408t.jpg


現在、シリア沖には、ロシア海軍偵察艦「キルディン」、海洋掃海艦「ワレンチン・ピクリ」が滞在しています。

4月3日には大型揚陸艦「コロリョーフ」ボスポラス海峡を南下、地中海へ入りました。

4月6日には哨戒艇「ユナルメーツ・クルイマ」、海洋曳船MB-174、大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」ボスポラス海峡を南下、地中海へ入りました。
スポンサーサイト