ロシア海軍の為のプロジェクト23550砕氷哨戒艦イワン・パパ―ニンはサンクトペテルブルクで起工された


『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2017年4月19日13時31分配信
【『アドミラルティ造船所』は砕氷哨戒艦のトップ「イワン・パパ―ニン」を起工した】
サンクトペテルブルク、4月19日、インタファクス-AVN

株式会社『アドミラルティ造船所』は、水曜日にロシア海軍の為のプロジェクト23550「イワン・パパ―ニン」型多機能砕氷哨戒艦のトップを起工した。
『インタファクス』特派員は起工式典会場から報告した。

「造船所は、砕氷船の建造に関し、大いなる経験を有しております。
御注文の御品は、契約時期に沿って納入いたします」

式典中に株式会社『アドミラルティ造船所』総取締役代理アンドレイ・ブイストロフは指摘した。

ロシア連邦海軍総司令官ウラジーミル・コロリョーフは、艦は「ロシアの北極圏境界線を護る」事を強調した。
「我々は、この艦を必要としております。
それは特別なものであり、多機能です。
研究上の課題を解決します。
近い内に、我々は、もう1人の北極探検家の名前を付けた2番艦を起工、建造しなければなりません-ニコライ・ズーボフを」

彼は話した。

艦は、その意図である北極ゾーンでの任務を、単独で、そして戦闘艦グループ(支隊)の一員として効果的に遂行でき、更には、北極圏の連絡線の機能の護衛を行なう。

2隻の同プロジェクト艦シリーズの建造契約は2016年4月に署名された。
トップ艦は2020年以降にロシア連邦海軍への引き渡しが計画されている。

多機能砕氷哨戒艦プロジェクト23550型は、『アルマーズ』設計局により設計されている。
それは約8500トンの排水量を有しており、全長は約110メートル、幅は約20メートル、吃水は約6メートル、速力は約16ノット。
艦は、厚さ1.5メートルまでの結氷を突破できる。

艦の自立航海期間は約60日間である。
兵装はAK-176MA砲である。
船は、ヘリコプター及び無人機が駐留する為のヘリコプター発着場ヘリコプター格納庫を備えており、2隻の高速戦闘艇「ラプトル」が配置される。

株式会社『アドミラルティ造船所』は、潜水艦水上油槽船隊の建造を専門としている。
同社は『統合造船業営団』へ加わっている。



16-0505b.jpg
ロシア海軍は、北極圏向けとして2隻のプロジェクト23550砕氷哨戒艦の建造を計画しています。
[ロシア海軍の為のプロジェクト23550砕氷哨戒艦建造の為のプレートカットは2016年秋に始まる]

プロジェクト23550砕氷哨戒艦は、砕氷船、哨戒艦、曳船などの機能を併せ持った多機能水上艦であり、満載排水量は8500トンと、かつてのプロジェクト956駆逐艦(ソブレメンヌイ級)プロジェクト1155大型対潜艦(ウダロイ級)に匹敵します。
(ただ、全長は9561155よりも短く、幅は広いので、かなりファットな艦になりますが)

プロジェクト23550砕氷哨戒艦2隻の建造契約は、2016年5月にサンクトペテルブルク『アドミラルティ造船所』ロシア国防省(ロシア海軍)との間で締結されました。
[ロシア海軍の為の砕氷哨戒艦プロジェクト23550の建造契約が締結された]

プロジェクト23550AK-176MA 76mm単装砲を装備します。
[ロシア海軍の為の新たな76mm砲AK-176MAの試験は完了した]

プロジェクト23550は軽武装の艦ですが、ヘリコプター無人機を搭載し、更には高速哨戒艇プロジェクト03160「ラプトル」を2隻搭載できます。
17-0419d.jpg
17-0419e.jpg

「イワン・パパ―ニン」と命名されたプロジェクト23550の1番艦は、以前には2017年4月20日に起工されると言われておりましたが、その前日の4月19日に起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト23550砕氷哨戒艦イワン・パパ―ニンは2017年4月20日に起工される]
17-0419b.jpg
17-0419c.jpg

艦名の元となったイワン・ドミトリエヴィチ・パパ―ニン(1894年11月26日~1986年1月30日)は、ソヴィエト連邦時代の北極探検家です。
17-0323b.jpg
17-0323a.jpg
17-0323c.jpg
17-0323d.jpg
1932年以降、北極圏の探検を何度も行ない(1956年まで)、1937年と1940年にソ連邦英雄勲章を授与され、1938年には地理学博士号を授与され、1943年にはソ連海軍少将(コントル-アドミラル)の階級を与えられました。

著書も有ります。
【パパーニンの北極漂流日記―氷盤上の生活】


今後に起工されるプロジェクト23550の2番艦は、「ニコライ・ズーボフ」と命名されます。

17-0419a.jpg
なお、プロジェクト23550砕氷哨戒艦には、コンテナに偽装した有翼ミサイル発射機が装備されるなど一部で噂されていますが、これは、あくまでも輸出向けヴァージョンに装備可能なオプションの1つであり、ロシア海軍向けの艦へ装備するわけではありません。
スポンサーサイト