ロシア海軍北方艦隊のナヒーモフ勲章授与・重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海で砲撃訓練を行なった

13-0213e.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2017年6月14日12時53分配信
【原子力巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」はバレンツ海で海上及び空中目標を撃った】
モスクワ、6月14日、インタファクス-AVN

重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」乗組員は、バレンツ海でミサイル攻撃へ指向される演習へ取り組んだ。
水曜日に北方艦隊司令部は発表した。

「重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキー乗組員の海上及び沿岸目標への電子ミサイル発射を伴うミサイル攻撃への取り組みの枠組みにおいて、演習中に仮想敵の水上並びに地上部隊に対する単艦での戦闘行動実施の様々なエピソードが有りました」
『インタファクス-AVN』
が受け取った北方艦隊広報サービスの声明では、こう述べられた。

更に、海上及び空中目標への実地砲及び高射射撃を実施し、航行中の艦の持久の為の闘い(ダメージコントロール)の演習と訓練が実行されたとプレスリリースは述べた。

水曜日、重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」は、北方艦隊司令官ニコライ・エフメノフ中将の統制の下、バレンツ海で海上での単艦行動の錬成任務に対応する手順の訓練を行なった。

訓練には、合同司令部、連合部隊司令部、艦隊の管理部、各部署のトップ、合同本部及び連合部隊本部の士官、1等艦及び2等艦の艦長が参加したと声明は述べている。



ロシア北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」は、2016年10月15日から2017年2月8日まで実施された重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」地中海(シリア沖)遠征へ参加しました。
[空母アドミラル・クズネツォフ第6次地中海遠征(2016年10月-2017年2月)]

「アドミラル・クズネツォフ」の艦載機は、2016年11月中旬から2017年1月初頭までシリア領内テロ組織への空爆作戦へ参加しましたが、「ピョートル・ヴェリキー」は、「アドミラル・クズネツォフ」を中核とする「空母機動部隊」を護る為の「盾」の役割に徹し、シリア作戦での出番は有りませんでした。
(搭載している打撃有翼ミサイル「グラニート」は地上攻撃も可能であり、当然ながらシリア領内テロ組織を攻撃する事も可能だったが、実行されなかった)

シリア沖から帰港して約4ヶ月後の2017年6月14日、「ピョートル・ヴェリキー」は乗組員の錬成任務の為、バレンツ海へ出航しました。

この4ヶ月の間に乗組員の入れ替えが有り、新兵も入ってきた為、新たな乗組員が艦に慣れる為、先ず初めに港内で停泊訓練が行われ、そして今回、海上へ出て訓練が行なわれました。

今回は「ピョートル・ヴェリキー」1隻だけの訓練でしたが、近い内には北方艦隊の他の艦船と一緒に演習を行なう事になるでしょう。


「ピョートル・ヴェリキー」を始めとする巡洋艦クラスの大型水上戦闘艦は、今後も長期間に渡り現役に留まります。
[ロシア海軍は今後も巡洋艦を維持する]


「ピョートル・ヴェリキー」の同型艦「アドミラル・ナヒーモフ」は、現在、大規模な近代化改装を行なっていますが、同艦の改装終了後、「ピョートル・ヴェリキー」の近代化改装が始まります。
[近代化改装中のロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦アドミラル・ナヒーモフは2017年に大型機器の設置を開始する]
[ロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは近代化改装により極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"を装備するかもしれない]
スポンサーサイト