ロシア海軍と中国海軍の合同演習『海洋協同-2017』はバルト海、日本海、オホーツク海で実施される

17-0619c.jpg
『タス通信』より
2017年6月19日5時13分配信
【中華人民共和国海軍:演習『海洋協同-2017』は通常ならざる条件で実施される】
北京、6月19日/タス通信

ロシア-中国演習『海洋協同-2017』は困難な地域で実施される。
中国人民解放軍海軍副司令員ティアン・ツォン(田中)は表明した。

「今回の中国戦闘艦支隊の道のりは長いものとなります」
『人民日報』
紙はティアン・ツォンの談話を引用した。
「今回のミッションにおける課題は、多くが計画されており、演習実施海域は困難であります。
従いまして、艦船支隊の全ての要員は、自身で最良の方法を示さなければなりません」

彼は付け加えた。

6月18日・日曜日、中国人民解放軍海軍艦船支隊三亜港(海南島県)から出航し、ロシア-中国演習『海洋協同-2017』へ参加する為、ロシアへと向かった。
中華人民共和国国防部が発表したように、支隊の構成には、駆逐艦「長沙」、フリゲート「運城」、支援船「駱馬湖」が加わっている。
演習は、7月中旬から9月中旬の間に、バルト海、オホーツク海、日本海水域での実施が予定されている。



16-0406h.jpg
ロシア海軍中国海軍は、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年に合同演習『海洋協同』Морское Взаимодействиеを実施しています。

『海洋協同-2012』:2012年4月下旬に黄海で実施
[ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」(2012年4月)]

『海洋協同-2013』:2013年7月上旬にピョートル大帝湾で実施
[ロシア・中国海軍合同演習は7月初頭にウラジオストク沖で実施される]
[ロシア・中国海軍合同演習「海洋協同-2013」が始まった]
[ロシア・中国海軍は海賊対処訓練を行なった]
[ロシア・中国海軍合同演習「海洋協同-2013」最終日に砲撃訓練が実施される]

『海洋協同-2014』:2014年5月下旬に東シナ海で実施
[ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2014」]

『海洋協同-2015』第1段階:2015年5月下旬に地中海東部で実施
[ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2015」(2015年5月)]

『海洋協同-2015』第2段階:2015年8月に日本海(沿海地方沖)で実施
[ロシア-中国海軍合同演習『海洋協同-2015』第2段階(2015年8月)]

『海洋協同-2016』:2017年9月中旬に南シナ海で実施
[ロシア・中国海軍合同演習『海洋協同-2016』(2016年9月)]


そして、2017年の『海洋協同-2017』は、バルト海、日本海、オホーツク海で実施されることになりました。
『日本放送協会 NEWS WEB』より
2017年6月18日20時13分配信
【中国とロシアが合同軍事演習 中国国防省が発表】

まず、今年7月下旬にバルト海『海洋協同-2017』の第1段階が実施され、9月中旬~下旬には日本海オホーツク海『海洋協同-2017』の第2段階が実施される事になるようです。

バルト海で実施される『海洋協同-2017』第1段階へ参加する中国海軍艦船部隊は6月18日に出航しましたが、ロシア海軍からはバルト艦隊の艦船が参加する事になります。

バルト艦隊には、プロジェクト20380コルベット4隻(ステレグーシチー、ソーブラジテルヌイ、ボイキー、ストイーキー)、プロジェクト21631小型ロケット艦2隻(ゼリョヌイ・ドル、セルプホフ)といったロシア海軍の新世代艦が居ますから、これらの艦の何れかは『海洋協同-2017』へ参加するでしょう。
スポンサーサイト