ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーとロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で合同砲撃訓練を行なった

16-1101c.jpg
17-0525d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年6月19日16時3分配信
【北方艦隊の巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」と「マルシャル・ウスチーノフ」乗組員はバレンツ海で合同砲射撃を実施した】

北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」の戦闘班は、バレンツ海で合同砲射撃を実施した。
戦闘練習は計画性を帯びていた。
演習実施場所は、前もって船舶航行と航空機の飛行の為に閉鎖された。

演習中に巡洋艦の乗組員は、仮想敵艦船支隊との戦闘へ取り組んだ。
海上目標への射撃は、連続して汎用砲AK-130の戦闘班により行なわれた。

北方艦隊航空・防空軍の連合部隊の混成航空連隊の飛行士と協同で重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」の乗組員は、艦船連合部隊に対する突然の航空機および航空ミサイル、急降下による攻撃を撃退する演習を行なった。
演習中に軍事船員は航空機から投下された模擬空中目標への砲射撃を実施した。

このエピソードで、先週から続いていたバレンツ海への北方艦隊巡洋艦の合同出航の活動段階は完了した。
海上に居る間に巡洋艦の乗組員は整然とした行動へ取り組み、合同操艦、兵器及び機器の使用、航行中及び投錨地に停泊中の艦の生存への対処(ダメージコントロール)活動の演習を実施し、更に、損傷したという想定下の艦への援助訓練を実施した。



ロシア北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(1998年4月18日就役)は、2016年10月15日から2017年2月8日まで実施された重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」地中海(シリア沖)遠征へ参加しました。
[空母アドミラル・クズネツォフ第6次地中海遠征(2016年10月-2017年2月)]

2017年6月14日、乗組員の錬成任務の為、バレンツ海へ出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊のナヒーモフ勲章授与・重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはバレンツ海で砲撃訓練を行なった]


ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」(1986年11月5日就役)は、約5年に渡る近代化改装を行ない、2016年12月末に復帰しました。
[ロシア海軍のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは近代化改装を終えて北方艦隊へ復帰した]

2017年5月からは何度かバレンツ海へ出航し、各種訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは演習の為にバレンツ海へ出航した]
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で砲撃訓練を行なった]
[ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海でのロシア海軍北方艦隊の演習へ参加する]
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で対空戦闘及び沿岸砲撃訓練を行なった]


6月17日、重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」は、一緒に訓練を行なう為にバレンツ海へ出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーとロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは演習の為にバレンツ海へ出航した]

そして6月19日までに海上及び空中目標への130mm砲の砲撃訓練などが行なわれ、演習は終了しました。
スポンサーサイト