黒海艦隊の警備艦アドミラル・マカロフ、潜水艦ヴェリキー・ノヴゴロドとコルピノは7月30日にクロンシュタットで行われる『ロシア海軍の日』観艦式へ参加する

17-0704g.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年7月4日15時43分配信
【黒海艦隊の新たな艦と潜水艦はクロンシュタットの主要海軍パレードへ加わる】

クロンシュタット『海軍の日』主要海軍パレードへ、フリゲート「アドミラル・マカロフ」と、2016年に黒海艦隊へ加わった潜水艦「ヴェリキー・ノヴゴロド」及び「コルピノ」が参加する。

乗組員は、国家受領試験のサイクルを成功裏に完了し、『海軍の日』に捧げられるメインイベントへの参加を承認された。

主要海軍パレードへ参加した後、新たな艦はバルト艦隊から黒海艦隊への段階的な移動が計画されている。



プロジェクト11456R警備艦(フリゲート)3番艦「アドミラル・マカロフ」は2012年2月29日に起工、2015年9月2日に進水し、2016年7月末から洋上試験が行われています。
2017年秋にロシア海軍へ引き渡され、今年末までに黒海艦隊基地へ到着する予定です。
[ロシア海軍の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・マカロフは2017年11月に黒海艦隊基地へ到着する]

2017年6月28日から7月2日までサンクトペテルブルクで開催された国際海軍サロン(IMDS-2017)で展示され、7月2日にサンクトペテルブルクを出ました。



プロジェクト06363潜水艦の5番艦B-268「ヴェリキー・ノヴゴロド」は2014年10月30日に起工され、2016年3月18日に進水し、同年10月26日に就役しました。
[黒海艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦5番艦ヴェリキー・ノヴゴロドはロシア海軍へ就役した]

プロジェクト06363潜水艦の6番艦B-271「コルピノ」は2014年10月30日に起工され、2016年5月31日に進水し、同年11月24日に就役しました。
[黒海艦隊の為の第6のプロジェクト06363潜水艦コルピノはロシア海軍へ就役した]

就役後、この2隻の潜水艦バルト海で慣熟訓練を行なっています。


『ロシア海軍の日』は、毎年7月の最終日曜日と定められており、今年(2017年)は7月30日になります。

『ロシア海軍の日』には、主要港で観艦式が行なわれます。

バルト海では、サンクトペテルブルクバルチースクで毎年観艦式が行なわれていましたが、今年(2017年)からクロンシュタットでも観艦式が行なわれることになりました。

17-0704h.jpg
そしてクロンシュタットの観艦式へ、黒海艦隊の最新鋭艦3隻が参加する事になりました。

サンクトペテルブルククロンシュタットの観艦式には、北方艦隊の2隻の水上艦も参加します。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフと大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバルト海へ向かった]
スポンサーサイト