ロシア海軍合同艦船グループは地中海で演習を行なう

12-0808a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ英語版』より
【ロシア軍艦は地中海で演習を行なう】
モスクワ、8月11日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍合同任務部隊は、地中海における訓練任務で実弾射撃と共に2日間の戦術演習を実施する。
国防省は述べた。

任務部隊は、ロシアの北方、バルト、黒海艦隊からの3隻の大型揚陸艦、2隻のネウストラシムイ級フリゲート、1隻のウダロイ級駆逐艦と2隻の支援船で構成されている。

「この2日間で任務部隊は艦砲やミサイルシステムを伴う発射訓練を含む戦術演習を実施します」
金曜日、国防省は述べた。

軍艦は、ロシア海軍基地ノヴォロシースクへ向かい、その後、追加の訓練を地中海中部で今月末に行なう。

メディアの報道とは異なり、任務部隊はロシアの補給及び整備施設のあるシリアタルトゥース港へ寄港しなかった。
(2012年8月11日04時26分配信)


[北方・バルト・黒海艦隊合同艦船グループの地中海遠征]

現在、地中海東部に居る北方・バルト・黒海艦隊合同艦船グループは、以下の艦船で構成されています。

[北方・バルト・黒海艦隊合同艦船グループ]
指揮官:コラ異種戦力小艦隊司令官ウラジーミル・カサトノフ少将

大型揚陸艦「ゲオルギー・ポベドノーセッツ」(北方艦隊)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(北方艦隊)
大型揚陸艦「コンドポガ」(北方艦隊)
大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」(北方艦隊)
警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」(バルト艦隊)
警備艦「ネウストラシムイ」(バルト艦隊)
給油船「イワン・ブブノフ」(黒海艦隊)
海洋曳船MB-304(黒海艦隊)


この内、大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」、給油船「イワン・ブブノフ」、海洋曳船MB-304の3隻は元アデン湾海賊対処部隊であり、8月4日に合流しました。
[ロシア海軍合同艦船グループは地中海東部で元アデン湾海賊対処部隊と合流する]


なお今回は英語版なので、いつものロシア語版とは用語が異なっています。

任務部隊-艦船支隊
フリゲート-警備艦
駆逐艦-大型対潜艦
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。