FC2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊は8隻のプロジェクト20380/20385コルベットを受領する

18-0305a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2018年3月5日3時4分配信
【太平洋艦隊は8隻のコルベット「ソヴェルシェーンヌイ」(型)を受領する】
モスクワ、3月5日-ロシア通信社ノーボスチ

太平洋艦隊は2018年にプロジェクト20380コルベット「グロームキー」、続いて改善プロジェクト~「グレミャーシチー」の受領を準備しており、総計して8隻に達する計画である。
太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴァキャンツ大将は語った。

「昨年末までに我々はプロジェクト20380コルベットの最初の艦ソヴェルシェーンヌイを受領しました。
今年に艦隊は同じプロジェクトのグロームキーと、続いて改善プロジェクト~グレミャーシチーの受領を準備しています。
近年中に我々は、最良の兵器構成のコルベット4隻の軍備採用を見込んでおります。
それは総計で8隻に達する計画です」
アヴァキャンツ
は、ロシア連邦軍機関紙『クラースナヤ・ズヴェズダー』のインタビューに対し、こう話した。
これは月曜日にサイトで公開された。

彼によると、コルベット「グレミャーシチー」「プロヴォールヌイ」は、根本的に新しい技術及び建造方法を導入している。
「他の全てを除き、この艦は、太平洋艦隊で初めて有翼ミサイル複合体カリブルを搭載します。
これは、黒海艦隊及びカスピ小艦隊における運用時に、その素晴らしさを示しております」

提督は指摘した。

彼は、『2027年までの国家軍備プログラム』の精神と字句が登場すれば、艦隊は近年中に重大な更新を行なわなければならない事を強調した。
彼によると、『2027年までの国家軍備プログラム』に沿って、コムソモリスク・ナ・アムーレ造船工場は、太平洋艦隊の為に、有翼ミサイル「カリブル」で武装するプロジェクト22800小型ロケット艦4隻を建造する。

「これは、高速で寸法が小さく、目立たない艦であり、排水量は、ほぼ800トンであり、現用及び将来に運用期限を迎えるロケット艦及びロケット艇を代替します。
更に数隻の類似の艦が、我々の為に『東方造船所』で建造される可能性は排除されません」
アヴァキャンツ
は付け加えた。


ロシア連邦軍機関紙『クラースナヤ・ズヴェズダー』より
2018年3月5日0時2分配信
【セルゲイ・アヴァキャンツ大将:それが戦闘準備態勢に関連しているのならば、我々にとって2流の課題では無い】
ロシア太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴァキャンツ大将へのインタビュー記事。



現在、ロシア極東方面コムソモリスク・ナ・アムーレ市『アムール造船工場』では、太平洋艦隊向けのプロジェクト20380コルベットの建造が進められています。

1隻目の「ソヴェルシェーンヌイ」(2006年6月30日起工、2015年5月22日進水)は、2017年7月20日に就役しました。
[コムソモリスク・ナ・アムーレで建造された最初の新世代コルベット"ソヴェルシェーンヌイ"はロシア海軍へ就役し、太平洋艦隊へ編入された]

2隻目の「グロームキー」(2012年4月20日起工、2017年7月28日進水)は、2018年末の就役が予定されています。
[プロジェクト20380コルベット"グロームキー"は2018年末にロシア海軍太平洋艦隊へ引き渡される]

3隻目の「ロシア連邦英雄アルダル・ツィジェンジャポフ」は2015年7月22日に起工され、2019年の就役が予定されています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト20380コルベット"ロシア連邦英雄アルダル・ツィジェンジャポフ"はコムソモリスク・ナ・アムーレで起工された]

4隻目の「リェーズキー」は2016年7月1日に起工され、2020年の就役が予定されています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の第4の新型コルベット"リェーズキー"はコムソモリスク・ナ・アムーレ造船所で起工された]


サンクトペテルブルク市『北方造船所』で建造されている改良型のプロジェクト20385コルベット2隻も、就役後は太平洋艦隊へ配備されます。

1隻目の「グレミャーシチー」(2012年2月1日起工、2017年6月30日進水)は、2018年末の就役が予定されています。
[プロジェクト20385コルベット1番艦グレミャーシチーは2018年にロシア海軍へ引き渡される]

2隻目の「プロヴォールヌイ」は2013年7月25日に起工され、2019年の就役が予定されています。
[プロジェクト20385コルベット「プロヴォールヌイ」は起工された]

今回、太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴァキャンツ提督は、合計8隻のプロジェクト20380/20385コルベット太平洋艦隊へ配備されると言ってます。

2017年6月30日の「グレミャーシチー」進水式典において、ロシア連邦海軍造船管理部長ウラジーミル・トリャピチニコフ少将は、プロジェクト20385コルベットは合計4隻建造されると発言していますので、近い将来に『アムール造船工場』で2隻の20385コルベットが新たに建造される事になるようです。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト20385コルベット1番艦グレミャーシチーは進水した]


この他、太平洋艦隊向けとして4隻のプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦『アムール造船工場』で建造されます。
[ロシア海軍太平洋艦隊向けに新世代小型ロケット艦カラクルト級が4隻建造される]

今回、アヴァキャンツ提督は、太平洋艦隊向けのプロジェクト22800小型ロケット艦が追加調達される可能性にも言及しています。
関連記事
スポンサーサイト