fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊の水上戦闘艦は沿海地方及びカムチャツカの演習で海上標的へ艦対空ミサイルを発射した

18-0330h.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年3月30日10時30分配信
【太平洋艦隊の戦闘艦はカムチャツカ及び沿海地方でミサイル及び砲射撃を実施した】

ピョートル大帝湾では、錬成任務K-2の要素への取り組みの枠組みにおいて大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」海洋曳船MB-93の支援下で、仮想敵の水上艦を模した海上曳航盾へ一連の砲射撃を実施した。
更に大型対潜艦は、水上標的へ自衛高射ミサイル複合体「キンジャール」の発射を実施した。

本日、同時に盾船へロケット艇R-29R-261が砲射撃を実施した。

カムチャツカ沿岸では、海上および空中目標への複合砲射撃が小型ロケット艦「モローズ」により実行された。
艦の砲手は高射砲の砲火で浮遊機雷の模型を破壊した。
更に同艦は、高射ミサイル複合体「オサー」の空中及び海上標的への発射を行なった。

艦の任務への取り組みの為の戦術環境は、太平洋艦隊海軍航空隊対潜航空機Tu-142Il-38Nにより作成された。



太平洋艦隊の約20隻の艦船は、2018年3月20日からピョートル大帝湾で演習を開始しました。

太平洋艦隊旗艦ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」(011)大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」(548)は、演習1日目には遭難した船の救助訓練などを行ないました。
同日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」(564)「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572)は機雷敷設訓練を行ない、大型揚陸艦「オスリャービャ」(077)は砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の約20隻の艦船はピョートル大帝湾で演習を行なった]

3月21日には、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」の対空防衛訓練、潜水艦2隻による『決闘』(対決)方式の演習などが行なわれました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは日本海の対空防衛演習で実弾射撃を行なった]
[ロシア海軍太平洋艦隊の通常動力潜水艦2隻は日本海で『決闘』を行なった]

3月22日には、沿海地方での上陸訓練が行なわれ(おそらくはクレルカ岬)、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」「アドミラル・ヴィノグラードフ」などによる砲撃支援の後、大型揚陸艦「オスリャービャ」海軍歩兵部隊を上陸させました。
[ロシア海軍太平洋艦隊は沿海地方で上陸演習を行なった]

3月26日には、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」「アドミラル・ヴィノグラードフ」による対潜戦闘訓練が行なわれました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツとアドミラル・ヴィノグラードフは対潜戦闘訓練を行なった]

3月27日には、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」「アドミラル・ヴィノグラードフ」による対空戦闘訓練が行なわれました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツとアドミラル・ヴィノグラードフは対空戦闘訓練を行ない、短距離艦対空ミサイルを発射した]

3月28日には、ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」が対潜戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと大型対潜艦アドミラル・パンテレーエフは日本海で対潜戦闘訓練を行なった]


そして3月30日、大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」は、海上曳船MB-93が曳航する海上標的へ100mm砲を発射し、更には高射ミサイル「キンジャール」も(海上標的へ)発射しました。
18-0330c.jpg
18-0330g.jpg

同時に、ロケット艇R-29(916)R-261(991)も海上標的へ76㎜砲を発射しました。
18-0330d.jpg
18-0330e.jpg

一方、カムチャツカ方面では、小型ロケット艦「モローズ」(409)30mmガトリング砲で機雷掃討を行ない、空中目標及び海上目標へ高射ミサイル「オサー-MA」を発射しました。
18-0330f.jpg


海上標的への高射ミサイル発射は、3月7日にも太平洋艦隊小型対潜艦「メチェーリ」により実施されています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の小型対潜艦メチェーリはピョートル大帝湾の演習で対空ミサイルを水上目標へ発射した]
関連記事
スポンサーサイト