fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊の主力水上艦部隊はカムチャツカ半島のヴィリュチンスクへ到着した

18-0822f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
2018年8月22日9時35分配信
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
【太平洋艦隊沿海地方多種戦力小艦隊艦船支隊はカムチャツカへ到着した】

親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、駆逐艦「ブイストルイ」、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、「アドミラル・パンテレーエフ」で構成される太平洋艦隊沿海地方多種戦力小艦隊戦闘艦支隊は、ウラジオストクからカムチャツカへの移動を完了し、ヴィリュチンスクへ到着した。

海上移動時に乗組員は航空グループと連携して対潜演習を実施し、艦上ヘリコプターKa-27の発着艦へ取り組み、支隊の組織的対空防衛の向上及び合同戦術操艦の任務を遂行した。

停泊中に物資を完全な基準まで補充した後、艦は海上での任務遂行を続け、複合ミサイル射撃及び砲射撃を実施する。



ロシア太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」(「011」、1990年1月7日就役)は、2018年4月下旬に行なわれた太平洋艦隊の演習へ参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは日本海で艦対空ミサイル"フォルト"を発射した]

駆逐艦「ブイストルイ」(「715」、1989年10月28日就役)は、2017年7月下旬に日本海で演習を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の最新鋭コルベット"ソヴェルシェーンヌイ"は駆逐艦ブイストルイと日本海で対潜演習を実施した]

大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」(「548」、1991年12月15日就役)は、8月12日に日本海で演習を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・パンテレーエフとコルベット"ソヴェルシェーンヌイ"は日本海で対潜演習を実施した]

大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」(「564」、1986年2月15日就役)と「アドミラル・ヴィノグラードフ」(「572」、1989年5月1日就役)は、2018年5月初頭から7月中旬まで東南アジアへの遠洋航海を行ないました。
[ロシア太平洋艦隊東南アジア遠洋航海(2018年5月-7月)]

大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」以外の艦は、2018年7月29日の『ロシア海軍の日』ウラジオストクの観艦式へ参加しました。



2018年8月16日以降、これらの艦は宗谷海峡を東進してオホーツク海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のロケット巡洋艦1隻、駆逐艦1隻、大型対潜艦3隻はオホーツク海で演習を行なう]

そして8月22日までにカムチャツカ半島原潜基地ヴィリュチンスクへ到着しました。
18-0822g.jpg

戦闘艦支隊ヴィリュチンスクで補給を行なった後、また海上へ出て演習を行なうようです。
関連記事
スポンサーサイト