FC2ブログ

ロシア海軍の70隻以上の艦船は洋上で新年(2019年)を迎えた

18-1231b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア海軍情報供給部発表
2018年12月31日15時30分配信
【海軍の70隻以上の艦及び支援船は海上で新年を迎える】

ロシア海軍の70隻以上の及び支援船は、遠海ゾーン及び大洋ゾーンで、確立された戦闘準備態勢のレベルを落とす事無く新たな2019年を迎える。

及びでは祝賀行事が行なわれ、当直から解放された全ての乗組員が参加する。
監視所で当直に就いている将兵には、慣例によりジェド・マロースが訪れ、軍事船員へ甘美な贈り物を配る。

祝祭の前の特別な配給サービスでは、全てのロシア人が好きなサラダ「オリヴィエ」、更にはフルーツと甘いパンを含む伝統の祝祭メニューが用意される。

更に新年の夜、祖国の沿岸から離れて任務を遂行している水兵、下士官、准士官、士官へ、彼らの家族及び親類からの手紙、祝賀状、贈り物が渡される。



現在、太平洋艦隊ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」、大型海洋給油船「ボリス・ブトマ」の3隻は、太平洋上を航行中です。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は洋上で新年(2019年)を迎えた]

また、地中海東部(シリア沖)には、少なくとも10隻のロシア海軍の艦船が滞在しています。

[黒海艦隊]
潜水艦「ヴェリキー・ノヴゴロド」
2017年9月初頭から地中海東部に滞在
潜水艦「コルピノ」2017年9月初頭から地中海東部に滞在
フリゲート「アドミラル・マカロフ」
2018年11月初頭から地中海東部に滞在
海洋掃海艦「イワン・ゴルベツ」:2018年12月中旬から地中海東部に滞在
中型偵察艦「プリアゾヴィエ」:2018年12月末から地中海東部に滞在
中型海洋給油船「イマン」:2018年10月下旬から地中海東部に滞在
海洋曳船MB-31:2018年12月中旬から地中海東部に滞在

[バルト艦隊]
工作船PM-82
2017年8月中旬から地中海東部に滞在

[北方艦隊]
大型対潜艦「セヴェロモルスク」
2018年12月下旬から地中海東部に滞在
中型海洋給油船「カーマ」:2018年12月下旬から地中海東部に滞在


今回のロシア海軍広報部発表では触れられていませんが、この他にも、例えばパトロール中の北方艦隊及び太平洋艦隊戦略原子力潜水艦大西洋地中海で行動中の原子力潜水艦ロシア本土近海で行動中の通常動力潜水艦小型水上艦、特殊任務に就いている偵察艦調査船、測量船なども有り、大小の艦船を総計すると70隻以上が洋上に居るようです。
関連記事
スポンサーサイト