FC2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイは黒海でアメリカ海軍のドック型揚陸艦フォート・マクヘンリーを監視する

19-0107e.jpg
19-0107d.jpg
『タス通信』より
2019年1月7日16時57分配信
【ロシア連邦国防省は黒海でアメリカ合衆国の揚陸艦の行動を監視していると表明した】
モスクワ、1月7日/タス通信

黒海艦隊警備艦「プイトリーヴイ」は、黒海水域でアメリカ揚陸艦の行動を監視している。

ロシア国防省は発表した。

「黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイは、アメリカ合衆国海軍の揚陸輸送ドック艦フォート・マクヘンリーの行動を監視する複合活動を行なっています」
ロシア軍当局
は指摘した。

ロシア国防省は、アメリカ合衆国海軍の艦は、モスクワ時間2019年1月6日21時0分から黒海水域に滞在していると説明した。

モスクワ時間1月7日9時30分、「フォート・マクヘンリー」ルーマニアコンスタンツァ港へ入った。
19-0107f.jpg



黒海艦隊プロジェクト1135M(クリヴァクII級)警備艦「プイトリーヴイ」(1982年2月9日就役)は、最近ではオーバーホール完了後の2015年5月以降、度々地中海で行動しています。

2018年には、3月14日にボスポラス海峡を南下して地中海へ入り、4月2日にダーダネルス、ボスポラス海峡を北上して黒海へ戻っています。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイは地中海東部へ行く]
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイは地中海東部を去った]

2018年4月21日にボスポラス海峡を南下して地中海へ入りました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイとスメトリーヴイは地中海東部(シリア沖)へ行く]

2018年6月初頭にセヴァストーポリへ戻りました。
[ロシア海軍黒海艦隊のフリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"と警備艦プイトリーヴイは地中海を去った]

2018年8月下旬にセヴァストーポリを出航し、8月24日にボスポラス海峡を通過して地中海へ入りました。

2018年9月1日から8日まで地中海東部で実施されたロシア海軍ロシア航空宙軍の大規模演習へ参加しました。

[ロシア海軍とロシア航空宇宙軍の地中海演習(2018年9月1日~8日)]

その後も地中海東部に留まっていましたが、10月9日にダーダネルス海峡へ入り、地中海を去りました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイは地中海を去った]

10月10日に母港セヴァストーポリへ戻りました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦プイトリーヴイはセヴァストーポリへ帰投した]

既に艦齢37年近い超ベテランの警備艦「プイトリーヴイ」ですが、2019年の初行動は、黒海へ入ったアメリカ海軍ドック型揚陸艦「フォート・マクヘンリー 」(1987年8月8日就役)の監視任務となりました。
【合衆国軍艦フォート・マクヘンリー(LSD 43)公式サイト】
関連記事
スポンサーサイト