FC2ブログ

ロシア黒海艦隊の水陸両用機Be-12墜落

2012年10月12日、ウクライナカーチャ(Kacha)飛行場でロシア黒海艦隊所属の水陸両用機ベリエフBe-12「チャイカ」が墜落しました。
12-1014a.jpg
12-1014d.jpg


『イタル-タス通信』より
2012年12月10日20時48分配信
【ロシア連邦黒海艦隊の航空機がウクライナで墜落した】
モスクワ、10月12日/イタル-タス

本日(10月12日)モスクワ時間18時40分、計画飛行を実施していた黒海艦隊海洋航空隊の航空機Be-12は、着陸を実行する際に事故で破壊された。
イタル-タスは、ロシア連邦国防省の広報サービス・情報管理部に確認を取った。
これは、セヴァストーポリから北西50kmに在るカーチャ飛行場で発生した。

「機長、副操縦士、航法士が死亡しました。航空機の通信士は軽度の負傷であり、黒海艦隊の軍病院に運ばれ、治療を受けています」
管理部は発表した。

水陸両用機には、4名の乗員のみが乗っていた。
Be-12は、弾薬を搭載せずに飛行していた。
ロシア軍の航空機Be-12は、兵器を搭載した飛行を停止していた。

航空機の墜落という出来事は刑事事件として告発される。
イタル-タスは、ロシア連邦総合軍調査管理部調査委員会の広報サービスから伝えられた。

「刑事事件は、ロシア連邦刑法第351条・飛行及び訓練規則違反により告発されます」
総合軍調査管理部は発表した。

事故の結果、3名の乗員が死亡し、4人目の飛行士は入院した事が確認された。

調査では、航空機の飛行を準備していた技術スタッフ、更には、飛行指揮官への取り調べが実施される。
刑事事件の調査業務を援助する為、南方軍管区のロシア連邦調査委員会の軍調査管理部の法医学調査官が事故現場へ向かっている。


2012年10月13日17時24分配信
【水陸両用機Be-12が事故で破壊された原因は、予備データによると左側エンジンの故障である】
モスクワ、10月13日/イタル-タス

予備データによると、ロシア黒海艦隊対潜水陸両用機Be-12の事故原因は、左側ターボプロップエンジンの故障である。
イタル-タスは、ロシアの治安組織の情報提供者の談話を引用した。

「Be-12の機長は、セヴァストーポリ近郊のカーチャ飛行場への着陸を実施する前に低高度まで下がり、飛行指揮官へ第2飛行過程へ入ると報告しました。
航空機が上がる時、突然、左側エンジンが故障により停止し、同機は左に旋回し、落下し始めました。
Be-12は、滑走路の近くで跳ね、落下し、ひっくり返って炎上しました。
キャビンには、3名の乗員-機長、航法士、副操縦士が居ましたが、その場で即死しました」

対談者は話した。

彼は、航空機が地上で破壊された際、機体尾部は切り離され、そこに居た機銃手兼通信士は生存している事を指摘した。
「彼は、擦り傷、切り傷、打ち身だけであり、骨折していませんが、事故後の最初の数時間、彼はショックを受けていました。
羊膜から生まれて来る時のように」

情報提供者は話した。

彼によると、現在、カーチャ飛行場でのBe-12の事故の原因や状況を明らかにする為の作業には、モスクワから駆け付けた国防省航空飛行安全保障部委員会が加わっている。
(以下は先の記事からの使い回しの文章の為、省略)


水陸両用機ベリエフBe-12「チャイカ」は、1959年から1973年に掛けて合計143機が製造され、太平洋艦隊、北方艦隊、バルト艦隊、黒海艦隊海軍航空隊に配備されました。

現在では、ロシア黒海艦隊海軍航空隊ウクライナ海軍航空隊が少数機を運用しています。

ロシア黒海艦隊Be-12は、セヴァストーポリの北にあるカーチャ飛行場に駐留しています。
12-1014b.jpg
12-1014e.jpg
【ベリエフBe-12全機リスト】
今回、墜落事故を起こしたのは1973年3月29日に製造されたRF-12008号機との事です。
既に製造から39年が経っています。

【RF-12008号機】
乗員はルスラン・ワシリーエフ、ドミトリー・タラソフ、マクシム・ポドネべソフ、ドミトリー・ミハイロフの4名であり、この内、ミハイロフ氏だけが生き残りました。

これで、ロシア海軍の稼働状態に在るBe-12は5機だけになりました。

その5機のBe-12は、今回の墜落事故の原因が解明されるまで飛行活動を停止します。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2012年10月12日21時06分配信
【クリミア半島における緊急事態の原因が解明されるまでBe-12型航空機の飛行は停止される】
関連記事
スポンサーサイト