FC2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊の大型揚陸艦アゾフはシリアへ貨物を運ぶ

19-0301a.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年3月1日10時24分配信
【ロシアの揚陸艦「アゾフ」は地中海へ入った】
イスタンブール、3月1日、インタファクス

黒海艦隊大型揚陸艦「アゾフ」は、ボスポラス及びダーダネルス海峡を通過し、その航跡をモニタリングしている西側の海上情報リソースによると、金曜日に地中海エリアへ入った。

艦がボスポラス海峡を通過する写真を公表したイスタンブールのサイトは、大型揚陸艦「アゾフ」は、地中海ロシア海軍物資-技術サービス供給所が置かれているシリアタルトゥース港へ向かっていると確信している。
艦の吃水線から判断すると、それは大量の荷物を積んで航行している。
海峡を通過する際、トルコ沿岸警備艇が同行した。

これは、同艦のシリアへの今年2度目の航海となる事は注目される。

伝えられているように、今年初め、大型揚陸艦「ツェーザリ・クニコフ」及び黒海艦隊補助部隊貨物船「ドヴィンツィヤ-50」シリアへの航海を行なっている。

海外メディアによれば、ロシア海軍大型揚陸艦及び補助船隊、更にチャーター船は、ラタキアフマイミーン飛行場ロシア航空群タルトゥース海軍物資-技術サービス供給基地、そしてシリア政府軍の為に貨物を送り届ける「シリア・エクスプレス」と呼ばれる作戦へ参加している。



ロシア海軍大型揚陸艦は、2013年1月以降、黒海沿岸(ノヴォロシースク或いはセヴァストーポリ)からシリアタルトゥースへ貨物や人員などを輸送する任務、いわゆる「シリア・エクスプレス」に就いています。
18-0616a.jpg
当初は大型揚陸艦のみが「シリア・エクスプレス」へ参加していましたが、2015年夏以降は海軍がチャーター或いは購入した貨物船も参加するようになりました。

「シリア・エクスプレス」へ参加しているのは、主に黒海艦隊所属艦です。

黒海艦隊大型揚陸艦「アゾフ」は、2018年には計6回の「シリア・エクスプレス」に従事しました。
(ロシア海軍当局からの公式発表が無くても、ボスポラス海峡を南下すればシリアへ向かい、北上すれば黒海沿岸ロシア海軍基地へ戻っている)

・1月17日にボスポラス海峡を南下、2月3日に同海峡を北上。
・2月22日にボスポラス海峡を南下、3月12日に同海峡を北上。
・3月15日にボスポラス海峡を南下、3月25日に同海峡を北上。
・5月2日にボスポラス海峡を南下、5月11日に同海峡を北上。
・5月19日にボスポラス海峡を南下、5月29日に同海峡を北上。
・8月6日にボスポラス海峡を南下、9月12日に同海峡を北上。



2019年のロシア海軍「シリア・エクスプレス」は、現在の所、この3隻です。

軍用輸送船「ドヴィンツィヤ-50」
19-0301c.jpg
1月23日にボスポラス海峡を南下、2月7日に同海峡を北上。

大型揚陸艦「アゾフ」
2月6日にボスポラス海峡を南下、2月20日に同海峡を北上。

大型揚陸艦「ツェーザリ・クニコフ」
19-0301b.jpg
2月6日にボスポラス海峡を南下、2月20日に同海峡を北上。

そして3月1日、大型揚陸艦「アゾフ」ボスポラス海峡を南下して地中海へ入り、今年2度目の「シリア・エクスプレス」を行なう事になりました。

なお、同日に黒海艦隊フリゲート「アドミラル・エッセン」ボスポラス海峡を南下して地中海へ入っています。
[ロシア海軍黒海艦隊のフリゲート"アドミラル・エッセン"はセヴァストーポリを抜錨し、地中海へ向かった]


現在、地中海東部(シリア沖)には、少なくとも以下のロシア海軍の艦船が滞在しています。

[黒海艦隊]
潜水艦「ヴェリキー・ノヴゴロド」
2017年9月初頭から地中海東部に滞在
潜水艦「コルピノ」2017年9月初頭から地中海東部に滞在
フリゲート「アドミラル・マカロフ」
2018年11月初頭から地中海東部に滞在
海洋掃海艦「イワン・ゴルベツ」:2018年12月中旬から地中海東部に滞在
中型偵察艦「プリアゾヴィエ」:2018年12月末から地中海東部に滞在
中型海洋給油船「イマン」:2018年10月下旬から地中海東部に滞在
海洋曳船MB-31:2018年12月中旬から地中海東部に滞在
工作船PM-56:2019年1月下旬から地中海東部に滞在
関連記事
スポンサーサイト