FC2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊は2019年初頭にカムチャツカ半島へ新型地対艦ミサイルを配備した

19-0520e.jpg
19-0520f.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2019年5月20日8時49分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊旅団は2019年に約20基の「バル」及び「バスチオン」を受け取った】
ハバロフスク、5月20日-ロシア通信社ノーボスチ

約20基の沿岸ミサイル複合体「バル」及び「バスチオン」は、今年初めにカムチャツカ独立沿岸ロケット旅団へ、前世代のミサイル複合体に代わり兵装として受け入れられた。
月曜日に刊行されたロシア軍機関紙『クラースナヤ・ズヴェズダー』のインタビューに対し、太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴァキャンツは述べた。
19-0520d.jpg
「今年初め、カムチャツカの独立沿岸ロケット旅団で、新たな機材による増強が行なわれました。
1ヶ月間で我々は、1個大隊一式の沿岸ミサイル複合体バスチオン及びバルを受け取りました。
その数は、およそ20基であり、これにより我々は、退役した前世代の沿岸ミサイル複合体を新たな機材へ換えました」
アヴァキャンツ
はインタビューを受け、こう話した。

彼によると、機材は海上から半島へ届けられた。
既に、仮想敵艦船支隊へミサイルの電子発射を行なう最初の演習が実施されている。

沿岸ミサイル複合体「バル」は、領海及び海峡の監視、沿岸ゾーンのインフラ保護、更には敵の揚陸作戦を防ぐ為に意図されている。
ミサイルの射程距離は260キロメートルまでである。
複合体の完全な一斉射撃には32基のミサイルが含まれる。

移動沿岸ミサイル複合体「バスチオン」は、300キロメートル離れた全てのクラス及びタイプの水上艦船、単独目標、揚陸艦、航空母艦、打撃グループの撃破が可能であり、敵の揚陸から600キロメートルに渡る沿岸のカバーを保障する。




沿岸ミサイル複合体(地対艦ミサイル)「バル」は、亜音速艦対艦ミサイル「ウラン」/空対艦ミサイルKh-35の地上発射ヴァージョンです。
ロシア海軍の全ての方面艦隊(北方艦隊、太平洋艦隊、黒海艦隊、バルト艦隊、カスピ小艦隊)へ配備されています。


2014年末、沿海地方スモリャニノヴォに駐留する太平洋艦隊第72沿岸ロケット旅団「バル」が配備されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊は沿海地方で新型地対艦ミサイルの発射訓練を行なった]

2016年11月には、クリル諸島(千島列島)南部のクナシル島(国後島)「バル」が配備されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊は南クリル(千島)に新型地対艦ミサイルを配備した]

2019年2月末、ロシア太平洋艦隊原潜基地があるカムチャツカ半島ペトロパブロフスク・カムチャツキー市へ1個大隊分(10基)の沿岸ミサイル複合体「バル」が到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊はカムチャツカ半島へ地対艦ミサイル"バル"を配備した]



沿岸ミサイル複合体「バスチオン」は、超音速対艦ミサイル「オーニクス」(ヤーホント)の地上発射ヴァージョンです。
[ロシア海軍の超音速対艦ミサイル"オーニクス"は近代化される]

これまでに黒海艦隊北方艦隊バルト艦隊、そして太平洋艦隊へ配備されています。

黒海艦隊「バスチオン」部隊はシリアにも派遣されています。
[シリアへ派遣されたロシア海軍黒海艦隊の地対艦ミサイル"バスチオン"の代わりとなる同型のミサイルがクリミア半島へ到着した]

2016年11月15日には、シリア領内テロリスト施設を攻撃しました。

[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦アドミラル・グリゴロヴィチはシリア領内のテロ組織へ巡航ミサイルを発射した]


太平洋艦隊への「バスチオン」配備は2016年から始まり、同年3月初頭、沿海地方スモリャニノヴォに駐留する第72沿岸ロケット旅団へ配備されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ超音速地対艦ミサイル"バスチオン"が配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊沿岸部隊は超音速地対艦ミサイル"バスチオン"を初めて発射した]

2016年11月下旬には、クリル諸島南部のイトゥルプ島(択捉島)「バスチオン」が配備されました。
配備された部隊は、第520独立沿岸ロケット-砲旅団所属の第574独立沿岸ロケット砲大隊です。
[ロシア海軍太平洋艦隊は南クリル(千島)に新型地対艦ミサイルを配備した]

2017年2月、ロシア太平洋艦隊原潜基地と、更には第520独立沿岸ロケット-砲旅団司令部が在るカムチャツカ半島にも「バスチオン」の配備が始まりました。
[ロシア海軍太平洋艦隊はカムチャツカ半島へ超音速対艦ミサイル"バスチオン"を配備した]

2019年3月、新たな「バスチオン」カムチャツカ半島へ到着しました。
[カムチャツカ半島へロシア海軍太平洋艦隊沿岸部隊の新たな超音速対艦ミサイル"バスチオン"が到着した]


現在の太平洋艦隊地対艦ミサイルの配備状況は以下の通りです。
19-0312h.jpg

[第72沿岸ロケット旅団]
スモリャニノヴォ:「バスチオン」、「バル」

[第520独立沿岸ロケット-砲旅団]
ペトロパブロフスク・カムチャツキー:「バスチオン」、「バル」
イトゥルプ島:「バスチオン」
クナシル島:「バル」
関連記事
スポンサーサイト