FC2ブログ

ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦ソヴィェツク(タイフーン)、航行試験開始(2019年5月20日)

今の所、ロシア海軍からも造船所からも公式発表は有りませんが、2019年5月20日、プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦の2番艦「ソヴィェツク」(タイフーン)は、最初の航行試験を行なう為、『ペラ』造船所の岸壁を離れ、ラドガ湖へ出航しました。







小型ロケット艦「タイフーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で1番艦「ウラガーン」と共に起工されました。
19-0227f.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

「タイフーン」は2017年11月24日に進水しました。

[ロシア海軍最新鋭小型ロケット艦カラクルト級2番艦タイフーン進水(2017年11月24日)]

その後、「タイフーン」「ソヴィェツク」と改名されました。

「タイフーン」改め「ソヴィェツク」は、当初は2018年末までにロシア海軍へ引き渡される予定でしたが、サンクトペテルブルク工場『ズヴェズダー』が製造するディーゼルエンジンM-507D-1-01の納入が遅延した事により、実現しませんでした。
19-0227e.jpg
19-0227g.jpg

ディーゼルエンジンM-507D-1-01
19-0227j.jpg

航行試験の開始時期も再三に渡り延期され、最近では、2019年5月16日に出航する予定となっておりましたが、これも遅れ、5月20日に延期されました。
19-0521d.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2019年5月16日17時1分配信
【「カリブル」を持つ第2の「カラクルト」は5月20日に試験へ出発する】

そして5月20日、「タイフーン」改め「ソヴィェツク」は、最初の航行試験へ出発しました。
(ただし、舷側の艦名プレートは「タイフーン」のままですが)
19-0521a.jpg
19-0521b.jpg
19-0521c.jpg

「ソヴィェツク」は、まず初めにラドガ湖で試験を行ない、その後、バルト海へ移動して試験を続行します。
18-0506h.jpg

「ソヴィェツク」は2019年末までにロシア海軍へ引き渡され、1番艦「ムィティシ」(2018年12月17日就役)と同様にバルト艦隊へ編入されます。
[カラクルト級小型ロケット艦2番艦タイフーン改めソヴィェツクは2019年末までにロシア海軍へ引き渡される]
関連記事
スポンサーサイト