FC2ブログ

ロシア海軍カスピ小艦隊の小型ロケット艦ヴェリキー・ウスチュグは地中海へ入った

19-0612a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2019年6月11日16時31分配信
【ロケット艦「ヴェリキー・ウスチュグ」は地中海グループへ補充される】
モスクワ、6月11日-ロシア通信社ノーボスチ

カスピ小艦隊小型ロケット艦「ヴェリキー・ウスチュグ」は、地中海海軍艦船グループへ補充される。
火曜日に黒海艦隊情報供給部長アレクサンドル・ルリョフ2等海佐は発表した。

「計画では、本日(6月11日)の終わりには小型ロケット艦は遠海ゾーンの海軍常設連合部隊へ加わり、与えられた任務の遂行へ着手します」
ルリョフ
は話した。

彼によると、現在(6月11日)、艦の乗組員は、黒海海峡・ボスポラス及びダーダネルスの通行を開始している。

ルリョフが説明したように、これは、同艦の2度目の地中海への航海である。
最初の航海は2018年7月から10月に行なわれた。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の3番艦「ヴェリキー・ウスチュグ」は、ゼレノドリスク『A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2011年8月27日に起工され、2014年5月21日に進水し、2014年12月19日に就役、カスピ小艦隊へ編入されました。

2015年10月7日、カスピ小艦隊ロケット艦「ダゲスタン」、小型ロケット艦「グラード・スヴィヤージスク」、「ウグリーチ」、「ヴェリキー・ウスチュグ」は、カスピ海南方からシリアテロ組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)の拠点へ合計26基の有翼ミサイル「カリブル」を発射しました。

[ロシア海軍カスピ小艦隊の4隻の艦はシリアへ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]
[ロシア海軍は巡航ミサイルでシリアのISIL(イラクとレバントのイスラム国)拠点を攻撃した]
[ロシア連邦軍参謀本部作戦管理総局長はロシア海軍によるシリアのISIL(イラクとレバントのイスラム国)拠点攻撃について語った]

この4隻は、2015年11月20日にもカスピ海南方からシリアISIL(イラク・レバントのイスラム国)の拠点へ合計18基の有翼ミサイル「カリブル」を発射しました。

[ロシア海軍カスピ小艦隊は再びシリアのISIL(シリアとレバントのイスラム国)拠点へ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]

その後は、カスピ海で各種の演習を行なったり、カスピ海沿岸諸国(イランカザフスタン)を訪問しました。

2018年2月には、同型艦「グラード・スヴィヤージスク」と共に演習を行なっています。
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2018年2月13日9時42分配信
【ロシア連邦海軍のロケット艦はカスピ海での演習中に「敵」艦と飛行装置を破壊した】

18-0617c.jpg
2018年6月4日、小型ロケット艦「ヴェリキー・ウスチュグ」は、同型艦「グラード・スヴィヤージスク」と共にカスピ小艦隊基地マハチカラを出航し、内陸水路経由で黒海への移動を開始しました。

6月13日、クリミア半島黒海艦隊基地セヴァストーポリへ到着しました。
[ロシア海軍のブヤン-M小型ロケット艦グラード・スヴィヤージスクとヴェリキー・ウスチュグはカスピ海から黒海へ移動した]

2隻の小型ロケット艦は、その数日後にセヴァストーポリを出航したらしく、6月17日にはボスポラス海峡を南下して地中海へ入りました。
[ロシア海軍のブヤン-M小型ロケット艦グラード・スヴィヤージスクとヴェリキー・ウスチュグはシリア沖へ行く]

2018年6月22日、2隻の小型ロケット艦地中海東部(シリア沖)で対空戦闘演習を実施しました。
[ロシア海軍のブヤン-M小型ロケット艦グラード・スヴィヤージスクとヴェリキー・ウスチュグはシリア沖で対空戦闘演習を実施した]

その後も地中海に留まり、2018年9月1日から8日まで地中海東部で実施されたロシア海軍ロシア航空宙軍の大規模演習へ参加しました。

[ロシア海軍とロシア航空宇宙軍の地中海演習(2018年9月1日~8日)]

演習終了後も地中海東部に居ましたが、2018年10月2日にダーダネルス海峡へ入り、地中海を去りました。
[ロシア海軍カスピ小艦隊のブヤン-M小型ロケット艦グラード・スヴィヤージスクとヴェリキー・ウスチュグは地中海を去った]

黒海へ入った後、内陸水路経由でカスピ海の基地への移動を開始しました。
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2018年10月11日15時32分配信
【カスピ小艦隊の2隻の小型ロケット艦は内陸水路で黒海からアストラハン基地への移動を行なう】

2018年10月16日、アストラハン基地へ到着しました。

[ロシア海軍カスピ小艦隊のブヤン-M小型ロケット艦グラード・スヴィヤージスクとヴェリキー・ウスチュグは地中海からアストラハンへ帰投した]


2019年4月下旬には同型艦「ウグリーチ」と共にロシア南方軍管区(カスピ小艦隊を含む)の演習へ参加しました。
19-0603b.jpg
19-0603c.jpg

2019年6月初頭、「ヴェリキー・ウスチュグ」は、再び内陸水路を通って黒海へ移動し、6月3日にセヴァストーポリへ到着しました。
[ロシア海軍カスピ小艦隊の小型ロケット艦ヴェリキー・ウスチュグはセヴァストーポリへ回航された]

6月10日、「ヴェリキー・ウスチュグ」セヴァストーポリを出航しました。
[ロシア海軍カスピ小艦隊の小型ロケット艦ヴェリキー・ウスチュグはセヴァストーポリを抜錨し、地中海へ向かった]

なお、同じ6月10日には黒海艦隊哨戒艦「ワシーリー・ブイコフ」セヴァストーポリを出航しています。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新鋭哨戒艦ワシーリー・ブイコフはバルト海へ向かった]

6月11日、「ヴェリキー・ウスチュグ」は、ボスポラス海峡ダーダネルス海峡を通過し、地中海へ入りました。
19-0611e.jpg


現在、地中海東部(シリア沖)には、少なくとも以下のロシア海軍の艦船が滞在しています。

[黒海艦隊]
潜水艦「クラスノダール」
2019年3月中旬から地中海東部に滞在
潜水艦「スタールイ・オスコル」2019年4月末から地中海東部に滞在
フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」2019年4月下旬から地中海東部に滞在
哨戒艦「ワシーリー・ブイコフ」2019年6月中旬から地中海東部に滞在
小型ロケット艦「オレホヴォ・ズエヴォ」2019年3月末から地中海東部に滞在
海洋掃海艦「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」2019年4月上旬から地中海東部に滞在
中型偵察艦「プリアゾヴィエ」:2018年12月末から地中海東部に滞在
中型偵察艦「キルディン」:2019年6月初頭から地中海東部に滞在
工作船PM-56:2019年1月下旬から地中海東部に滞在
対水中工作艇「スヴォーロヴェツ」2019年5月下旬から地中海東部に滞在
救助曳船SB-739:2019年5月下旬から地中海東部に滞在

[カスピ小艦隊]
小型ロケット艦「ヴェリキー・ウスチュグ」
:2019年6月中旬から地中海東部に滞在
関連記事
スポンサーサイト