FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフと大型対潜艦セヴェロモルスクはバレンツ海で対空戦闘訓練を行なった

19-0623b.jpg
19-0623c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年6月23日14時43分配信
【北方艦隊艦船支隊はバレンツ海の演習で上空の「敵」航空機を撃退した】

北方艦隊ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」大型対潜艦「セヴェロモルスク」は、仮想敵の空中攻撃手段から艦船支隊への攻撃を撃退する複合戦闘訓練へ取り組んだ。
演習は、バレンツ海の艦隊戦闘訓練射爆場で実施された。
艦上戦闘機Su-33が敵の有翼ミサイル及び航空機による攻撃を模した。

艦の戦闘班は、空中目標の探知と分類、移動データの特定、目標指示へ取り組んだ。

遠距離及び中距離での模擬空中目標の撃破は、ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」汎用口径砲塔AK-130及び大型対潜艦「セヴェロモルスク」(汎用砲)AK-100の要員により行なわれた。
近接ゾーンでの空中目標への射撃には、速射砲AK-630の戦闘班が取り組んだ。

演習を成功裏に実施した後、艦の乗組員は、連合部隊を構成し、バレンツ海で戦闘演習任務の遂行を続ける。



ロシア北方艦隊ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」(1986年11月5日就役)は、2011年6月にセヴェロドヴィンスク市艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』へ回航されて近代化改装が始まり、2016年12月末に工事と洋上試験を終えて艦隊へ復帰しました。
[ロシア海軍のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは近代化改装を終えて北方艦隊へ復帰した]

2018年7月初頭からバルト海、そして地中海への遠距離航海を行ない、11月23日に母港セヴェロモルスクへ帰投しました。
「マルシャル・ウスチーノフ」にとっては、1989年以来、ほぼ30年ぶりの地中海への航海となりました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは地中海遠征を終えて母港セヴェロモルスクへ帰投した]

2019年3月13日、戦闘演習を行なう為、バレンツ海へ出航しました。
まず初めに、基地周辺(コラ湾)機雷が敷設されているという想定下で、基地掃海艦の先導の下でバレンツ海へ出ました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で戦闘演習を行なう]

3月15日には沿岸目標への砲撃訓練を実施しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年3月15日18時11分配信
【北方艦隊のロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」はバレンツ海で砲射撃を実施した】

3月22日には救助曳船及び給水補給船との合同訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で演習を実施した]

4月6日から29日まで重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(1998年4月18日就役)と共にバレンツ海及びノルウェー海で演習を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーとロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは洋上演習を終えて母港へ帰投した]

5月26日にバレンツ海で対空戦闘訓練を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で対空戦闘訓練を行なった]

5月29日から始まった北方艦隊バレンツ海演習へ参加しました。
[ロシア海軍北方艦隊はバレンツ海で演習を行なう]
[バレンツ海でロシア海軍北方艦隊の大演習が始まった]

6月21日のバレンツ海演習において、高射ミサイルを小型水上目標へ発射しました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは水上目標へ艦対空ミサイルを発射した]


大型対潜艦「セヴェロモルスク」(1988年1月24日就役)は、2018年7月初頭から2019年5月まで遠距離航海を行ない、地中海、アデン湾、アラビア海まで進出しました。
途中までは「マルシャル・ウスチーノフ」も同行していました。
[ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフと大型対潜艦セヴェロモルスクの遠距離航海(2018年7月-2019年5月)]


2019年6月23日、「マルシャル・ウスチーノフ」「セヴェロモルスク」バレンツ海へ出航し、対空戦闘訓練を行ないました。

「敵役」は、「スモレンスク赤旗授与・ソ連邦英雄2度受賞ボリス・サフォーノフ記念第279独立艦上戦闘機航空連隊」所属の艦上戦闘機Su-33が務めました。
[艦上戦闘機Su-33]
関連記事
スポンサーサイト