FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった

19-0819a.jpg
『タス通信』より
2019年8月17日19時59分配信
【北方艦隊は北極圏で演習を実施した】
タス通信、8月17日

北方艦隊連合グループは、航空隊及び空挺軍部隊の支援の下で土曜に北極圏で演習を実施した。
艦隊広報サービスは発表した。

「本日(8月17日)、タイミル半島において、エニセイ川のドゥディンカ地域の無防備の海岸へ海洋揚陸部隊を上陸させる戦闘行動を行なう戦術演習が実施されました。
演習には、北方艦隊の艦の乗組員、海軍歩兵及び北極自動車化射撃兵、更には空挺軍部隊が参加しました」

発表では、こう述べられた。

特に、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「コンドポガ」、「アレクサンドル・オトラコフスキー」、ヘリコプターKa-27PS、高速揚陸艇、自走砲「グヴォズディカ」、海軍歩兵の20両以上の装輪車及び無限軌道車装甲輸送車、歩兵戦闘車、浮上雪上車が関わった。

演習の枠組みで、航空打撃が与えられ、特殊部隊の落下傘降下が行なわれ、艦載砲が使用され、工兵活動が研ぎ澄まされた。
「北極自動車化射撃兵部隊、海軍歩兵及び空挺部隊の上陸中、海洋揚陸部隊の上陸戦闘、沿岸橋頭堡の占領及び確保の合同戦術行動へ取り組みました」
発表では、こう指摘された。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」
大型揚陸艦「コンドポガ」
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

そして8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。


演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。
関連記事
スポンサーサイト