ムルマンスクの第35艦船修理工場は再構築(ペレストロイカ)される

12-1202c.jpg
12-1202e.jpg
『中央海軍ポータル(フロートコム)』より
【第35艦船修理工場は近代化実施の為に50億ルーブルを受け取る】
2012年11月30日

ムルマンスク第35艦船修理工場(株式会社「艦船修理センター・ズヴェズドーチカ」の子会社)は、生産設備の近代化の為に約50億ルーブルを取得しなければならない。
テレビ・ラジオ放送局『ムルマン』は報じた。
この金額は、同社の年間予算の約3倍の規模である。

計画では、新たな加工機器及び運搬機器の購入のみならず、全てのインフラストラクチュアの抜本的な再構築(ペレストロイカ)が実行される。

再建計画によると、第35艦船修理工場の大小の造船台の乾ドックは統合、拡張される。
今、同社では、大型対潜艦しか修理できないが、2年後には、ここで北方艦隊重航空巡洋艦原子力ロケット巡洋艦、更には大規模なタンカーの修理も行えるようになるだろう。

第35艦船修理工場社長アレクセイ・マリツェフ氏によると、工場は
「異なる海洋設計局による石油・ガス産業の為の小型及び大型の海洋モジュールの建造を考える必要が有ります。
もちろん、小型及び中型艦も。
しかし、造船は、非常に遠い見通しですが、かなり現実的でも有ります。
北極圏の産地で業務を行なう複合基地の建設は。
石油-ガス生産会社が北方への関心を無くす事は有りません」


株式会社「艦船修理センター・ズヴェズドーチカ」支所の第35艦船修理工場副社長デニス・ソボレフ氏は造船の見通しについて話した。
「それは、第35工場の専門分野ではありませんが、艦船修理よりも多くの収入をもたらす事でしょうし、並行して開発されるでしょう」


今回の記事では、旧ソヴィエト連邦ゴルバチョフ政権時代に盛んに使われた「ペレストロイカ」перестройкаという言葉が使われています。

第35艦船修理工場「ペレストロイカ」され、乾ドックも拡張されるとの事です。

記事中では「重航空巡洋艦」「原子力ロケット巡洋艦」にも触れられていますが、現在の第35艦船修理工場の乾ドックでは、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」は入渠出来ません。

第35艦船修理工場の乾ドック
12-1202a.jpg

重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」
12-1202i.jpg

重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」
12-1202h.jpg

大型浮きドックPD-50
12-1202j.jpg
重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」は、普段は第35艦船修理工場の岸壁に停泊していますが、大規模な修理を行なう際には、ロスリャコヴォ第82艦船修理工場まで回航し、大型浮きドックPD-50へ入渠する必要が有ります。
12-1202f.jpg

[空母「アドミラル・クズネツォフ」は遠距離航海の準備を終えた]
[空母アドミラル・クズネツォフ近代化計画]
[浮きドック上のロシア海軍空母アドミラル・クズネツォフ(2006年)]


重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」も、何度か第82艦船修理工場の大型浮きドックを利用しています。
[重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキー、浮きドックから出渠(2012年6月23日)]
[浮きドック上のピョートル・ヴェリキー(2004年)]

第35艦船修理工場の乾ドックが拡張されて重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」も入渠可能になれば、いちいちロスリャコヴォ第82艦船修理工場まで回航する必要が無くなり、全ての修理作業が第35艦船修理工場で行なえるようになるわけです。

第35艦船修理工場
12-1202d.jpg

第82艦船修理工場
12-1202g.jpg
スポンサーサイト