FC2ブログ

近代化改装工事中の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフで火災が発生した

2019年12月12日10時16分(モスクワ時間)、ムルマンスク第35艦船修理工場で近代化改装工事中の重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」で火災が発生しました。
19-0924a.jpg

『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月12日11時31分配信
【航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の火災で6名が救助された-情報筋】
火災は、第2甲板の第1発電区画での溶接作業中に発生し、20平方メートルから120平方メートルに燃え広がりました。
ディーゼル燃料に引火したようです。
火災発生区画から6名が救出されました。

『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月12日11時44分配信
【航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の火災で行方不明になった3名の内の1名が発見された-情報筋】
火災で行方不明になっていた3名の作業員の内の2名が救助されました。

『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月12日11時54分配信
【航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の火災は600平方メートルに拡大した-情報筋】
未確認情報によると、第1発電区画の火災は600平方メートルに広がっているとの事です。

『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月12日12時3分配信
【巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」の発電区画のケーブルが燃えている-情報筋】
発電区画の火災で電気技師が火傷を負い、火災はケーブルに引火しているとの事です。

『タス通信』より
2019年12月12日配信
【ムルマンスクの巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」で火災が発生した】
この火災で6名が負傷し、この内の1名は重体との事です。
関連記事
スポンサーサイト