FC2ブログ

ロシア海軍の航空母艦アドミラル・クズネツォフ火災事故(2019年12月12日)続報(その2)

19-1214a.jpg
19-1214d.png
2019年12月12日10時16分(モスクワ時間)、ムルマンスク第35艦船修理工場で近代化改装工事中の重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」の第1発電機区画での溶接作業中に火災が発生しました。
[近代化改装工事中の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフで火災が発生した]
[ロシア海軍の航空母艦アドミラル・クズネツォフ火災事故(2019年12月12日)続報]

その続報。


『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月13日15時30分配信
【航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の火災は鎮火され、捜索救助作業は完了した-北方艦隊】
北方艦隊広報部は、「アドミラル・クズネツォフ」の火災は鎮火され、捜索救助作業は完了したと発表しました。
更には「事故区画の部屋の排水が続けられている」とも述べているので、先に報じられた火災発生区画への注水が実行に移されたのかもしれません。
なお、捜索救助作業を完了した理由は、後ほど明らかにされました。

『インタファクス』より
2019年15時18分配信
【救助隊員はアドミラル・クズネツォフの2人目の死亡した士官を発見した】
北方艦隊広報部は、「アドミラル・クズネツォフ」の火災で行方不明になっていた乗組員の士官は、火災発生区画において死亡した状態で発見されたと発表しました。
「捜索救助作業を完了した」というのは、つまり、こういう事でした。
この士官も、火災発生とほぼ同時に火災発生区画へ飛び込み、作業員を避難させた後に死亡したようです。

『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月14日13時20分配信
【航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の火災による損傷の予備評価は来週にできるだろう-『統合造船業営団』トップ】
『統合造船業営団』総裁アレクセイ・ラフマノフ氏は、「アドミラル・クズネツォフ」の火災による損傷の度合の評価は、来週中(つまり12月20日頃まで)に出せると発言しました。
今回の火災が「アドミラル・クズネツォフ」の復帰時期にどの程度影響するのかについては、未だ何も言えないとの事です。

『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月14日13時25分配信
【航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の修理は続けられている】
『統合造船業営団』総裁アレクセイ・ラフマノフ氏によると、「アドミラル・クズネツォフ」の修理(近代化改装)工事は、火災発生にも関わらず継続されているとの事です。
無論、火災発生区画とその周辺を除いての話でしょうが。
関連記事
スポンサーサイト