FC2ブログ

大型対潜艦セヴェロモルスクはソマリア沖へ向かった

『ロシア通信社ノーボスチ』より
【北方艦隊艦船は海賊からの保護を実行する為にアデン湾へ向かった】
モスクワ、12月18日-ロシア通信社ノーボスチ

北方艦隊艦船支隊は海洋へと去り、アデン湾エリアへ向かった。
民間船舶への安全保障を提供する為に。
火曜日、北方艦隊広報サービス部長ワジム・セルガ1等海佐は記者団に伝えた。

「本日、大型対潜艦セヴェロモルスク、救助曳船アルタイ、中型海洋給油船ドゥブナで構成される北方艦隊艦船支隊は北方艦隊主要基地セヴェロモルスク市を去り、バレンツ海へ出ました。
近い内に、支隊は大西洋を通過して地中海及びスエズ運河、そしてアデン湾エリアへの移動を完了します。
大型対潜艦セヴェロモルスク乗組員は、民間船舶の安全保障を提供する任務を遂行します」

彼は話した。

セルガによると、数ヶ月間に渡る航海中に、支隊は一連の外国の港への訪問や業務寄港を行なう。

「大型対潜艦セヴェロモルスク乗組員がアデン湾エリアで海賊対処任務を遂行するのは2度目になります。
以前、世界の大洋の同エリアでは、北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ、アドミラル・チャバネンコ、アドミラル・レフチェンコが船団の先導任務を成功裏に実施しました」

北方艦隊の公式代理人は想起した。

彼は、北方艦隊の全ての艦は約40の国際船団の約150隻のロシア及び外国の船の先導を実施し、紅海及びインド洋エリアで海賊に襲撃された貨物船「オーシャン・ダイアモンド」タンカー「ユナイテッド・エンブレム」の乗っ取りを防いだ事を指摘した。

2012年、アデン湾及びアフリカの角での民間船舶航行を保護する任務は、大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」乗組員により、159日間に渡り実施された
北方艦隊将兵は29000海里を航行した。。
同エリアに滞在中、同艦はロシア連邦船籍の8隻を含む異なるクラスの27隻の民間船舶を護衛した。
2012年のアデン湾での任務実施中に、北方艦隊将兵は409名の民間人船員への安全を提供した。
(2012年12月18日12時04分配信)


北方艦隊大型対潜艦「セヴェロモルスク」ソマリア沖へ向かうと最初に報じられたのは12月初頭でした。
[北方艦隊の大型対潜艦セヴェロモルスク、ソマリア沖へ]


それから約10日後の12月18日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」アデン湾へ向けて出港しました。

今回の北方艦隊海賊対処部隊は、この3隻で構成されています。

[北方艦隊アデン湾海賊対処部隊]
大型対潜艦「セヴェロモルスク」
12-1218h.jpg

救助曳船「アルタイ」
12-1218i.jpg

中型海洋給油船「ドゥブナ」

12-1218j.jpg


現在、アデン湾には太平洋艦隊大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」を中核とする海賊対処部隊が向かっています。
[ロシア-インド海軍合同演習「インドラ-2012」は終了した]

北方艦隊海賊対処部隊も、これに加勢するようです。

今回の記事で触れられていますが、大型対潜艦「セヴェロモルスク」は、昨年(2011年)5月にもアデン湾へ派遣され、海賊対処任務を遂行しています。

2011年9月10日、「セヴェロモルスク」は、紅海で海賊に乗り込まれたギリシャタンカー「ユナイテッド・エンブレム」を解放しました。
『中央海軍ポータル(フロートコム)』より
【大型対潜艦「セヴェロモルスク」の海軍歩兵はギリシャのタンカーを海賊から解放した】
12-1209a.jpg
関連記事
スポンサーサイト