FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊は2021年に1隻のプロジェクト06363潜水艦を受け取る?

20-0317b.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2020年3月16日17時15分配信
【北方艦隊は2021年に「カリブル」を装備するディーゼル潜水艦を受け取る-北方艦隊司令官モイセーエフ】
モスクワ、3月16日、インタファクス

北方艦隊は2021年に、ミサイル複合体「カリブル」で武装するプロジェクト636.3「ワルシャワンカ」ディーゼルエレクトリック潜水艦1隻の受領を計画している。
北方艦隊司令官アレクサンドル・モイセーエフは述べた。
20-0317c.jpg

「2020年に私共は乗組員を形成し、2021年に艦隊は最新のプロジェクト636.3ディーゼルエレクトリック潜水艦を受け入れます」
モイセーエフ
は、潜水艦船員の日に捧げられる会合において、こう話した。

司令官は、今年に北方艦隊戦略原子力潜水艦「クニャージ・ウラジーミル」多目的原子力艦「カザン」が補充される事を想い起こした。

「この軍備プログラム(2027年までの国家軍備プログラム)の枠組みで、4隻の同型のボレイ型水中巡洋艦と、5隻の同型のヤーセン型潜水艦が建造準備の様々な段階に在ります」
モイセーエフ
は指摘した。

プロジェクト636.3「ワルシャワンカ」ディーゼルエレクトリック潜水艦の特徴は、打撃ミサイル兵器複合体「カリブル-PL」を装備し、更に電波電子機器が更新されている事にある。

現在、『アドミラルティ造船所』には、太平洋艦隊の為の同プロジェクトの6隻から成るシリーズが在る。
2019年11月、海軍へ、潜水艦シリーズの1隻目「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー」が引き渡された。
20-0317a.jpg

以前、同社は黒海艦隊の為に6隻から成るプロジェクト636.3潜水艦シリーズを建造した。
黒海艦隊ディーゼル潜水艦シリア軍事作戦へ参加し、地中海エリアから過激派へ「カリブル」による打撃を与えた。

「カリブル」ロシア有翼ミサイルファミリーである。
開発者は試作設計局『ノヴァトール』(株式会社・航空宇宙防衛コンツェルン『アルマーズ-アンテイ』へ加入)である。



[プロジェクト06363潜水艦(黒海艦隊)]
ロシア海軍の為のプロジェクト06363潜水艦は、黒海艦隊向けの6隻が2014年~2016年に就役しました。
全てサンクトペテルブルク『アドミラルティ造船所』で建造されています。
17-0701b.jpg

プロジェクト06363は、プロジェクト877(キロ級)の輸出型プロジェクト636を更に改良したタイプであり、今後建造される第5世代通常動力潜水艦「カリーナ」級の開発設計作業の成果も一部取り入れられています。
[ロシアは第5世代潜水艦の設計作業を始めている]

プロジェクト06363潜水艦は、有翼ミサイル「カリブル」を標準装備しています。
(533mm魚雷発射管から発射する)

黒海艦隊06363は、既にシリア有翼ミサイル「カリブル」を実戦使用しています。
[ロシア海軍はシリアのテロ組織へ100発の巡航ミサイル"カリブル"を発射した]


[プロジェクト06363潜水艦(太平洋艦隊)]
そして太平洋艦隊向けにも6隻の06363潜水艦『アドミラルティ造船所』で建造される事になり、建造契約は2016年9月7日に締結されました。
[サンクトペテルブルクのアドミラルティ造船所はロシア海軍太平洋艦隊の為の6隻のプロジェクト06363潜水艦の建造契約を締結した]

2017年7月28日に最初の2隻~1番艦「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー」と2番艦「ヴォルホフ」が同時に起工されました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦ペトロパヴロフスク・カムチャツキーとヴォルホフはサンクトペテルブルクで起工された]

B-274「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー」は、2019年11月25日にロシア海軍へ就役しました。

[プロジェクト06363潜水艦ペトロパヴロフスク・カムチャツキーはロシア海軍へ就役し、太平洋艦隊へ編入された]

B-603「ヴォルホフ」は、2019年12月26日に進水しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の為の第2のプロジェクト06363潜水艦ヴォルホフはサンクトペテルブルクで進水した]

2020年3月2日から造船所の岸壁で係留試験を開始しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の第2のプロジェクト06363潜水艦ヴォルホフはサンクトペテルブルクで係留試験を開始した]
「ヴォルホフ」は2020年11月末にロシア海軍への引き渡しが予定されています。

太平洋艦隊向けの06363の3番艦B-602「マガダン」と4番艦B-588「ウファ」は、2019年11月1日に起工されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦マガダンとウファはサンクトペテルブルクで起工された]

5番艦と6番艦は2020年に起工されます。

太平洋艦隊向けの06363潜水艦6隻の建造は、2022年までに完了します。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦6隻の建造は2022年に完了する]


そして今回、北方艦隊司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将は、2021年に同艦隊が1隻の06363潜水艦を受け取ると発言しました。

しかし現在の所、06363潜水艦太平洋艦隊向けの艦しか建造されていませんし、2021年中に就役できそうな艦は、2019年11月1日に起工された「マガダン」「ウファ」くらいしか有りません。

この「マガダン」「ウファ」のどちらか1隻が北方艦隊へ回されるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト