FC2ブログ

ロシア航空宇宙軍遠距離航空隊の超音速爆撃機Tu-22M3はオホーツク海のロシア海軍演習へ参加した


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年4月5日4時0分配信
【遠距離爆撃機Tu-22M3乗員は太平洋艦隊航空隊との連携へ取り組んだ】

遠距離航空隊の乗員は、太平洋艦隊航空隊と連携する指定任務へ取り組んだ。
20-0405e.jpg
活動中に遠距離爆撃機の乗員は、イルクーツク州からハバロフスク地方の作戦飛行場への基地移動を行ない、オホーツク海上空での実地飛行を実施し、更には空中手段により標的を撃破する戦闘動作へ取り組んだ。

この戦闘訓練活動は、遠距離航空隊アムール連合部隊副司令セルゲイ・シェベル親衛大佐の指揮下で行なわれた。

乗員は、支隊の一員として指示された任務へ取り組んだ。



ロシア太平洋艦隊は、2020年3月25日から日本海オホーツク海で大規模な演習を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は2020年4月2日~8日にオホーツク海南部(クリル諸島南部)で実弾射撃演習を行なう]

太平洋艦隊海軍航空隊も演習へ参加しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦術演習へ20機以上の航空機とヘリコプターが参加する]

更に、ロシア航空宇宙軍遠距離航空隊超音速爆撃機Tu-22M3も演習へ参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはオホーツク海上空で爆撃機Tu-22M3(バックファイア)を迎撃した]


このTu-22M3は、イルクーツク州ノヴォマリチンスク近郊のベラヤ飛行場に駐留する第6952親衛航空基地所属機ですが、ここからハバロフスク地方カーメニ・ルチェイ飛行場(マンゴフト)を中継してオホーツク海へ進出しました。
20-0405a.jpg
20-0405b.jpg
20-0405c.jpg
20-0405d.jpg
関連記事
スポンサーサイト