FC2ブログ

ロシア海軍のアドミラル・ゴルシコフ型フリゲート3番艦アドミラル・ゴロフコは進水した


『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2020年5月22日16時19分配信
【『北方造船所』で第3のプロジェクト22350フリゲートが進水した】

5月22日・金曜日、『北方造船所』でプロジェクト22350フリゲートの2隻目の生産艦(総計で3隻目)「アドミラル・ゴロフコ」が進水した。
この情報は、『Mil.Press FlotProm』が同社広報サービスより確認した。


コロナウイルス感染COVID-19の蔓延に対する制限に関連し、行事は閉鎖モードで報道関係者の参加無しに行なわれた。

進水には、ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将『統合造船業営団』総裁顧問(軍事造船)ヴィクトール・チルコフ『北方造船所』総取締役イーゴリ・ポノマリョフ『北方計画設計局』総取締役アンドレイ・ジャチコフが参加した。

以前、2012年2月に起工された「アドミラル・ゴロフコ」は、ロシア製ガスタービン装置を装備する最初のプロジェクト22350艦になると伝えられた。
フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」「アドミラル・カサトノフ」には、増速用エンジンとしてウクライナの企業『ゾーリャ機械設計』が製造したガスタービン装置が使われている。

「アドミラル・ゴロフコ」海軍への引き渡しは、2021年末に計画されている。

プロジェクト22350フリゲートの満載排水量は5400トン、全長135メートル、幅16メートル。
艦は29ノットの速力を発揮する。
自立航行期間30日。
航続距離4500海里。
乗組員170名+海軍歩兵隊員20名。

22350フリゲートの主要打撃力は、高精度遠距離有翼ミサイル「カリブル」である。
この他、艦は130mm砲A-192高射ミサイル複合体「ポリメント-リドゥート」対潜兵器複合体「パケート」ミサイル砲システム「パラシ」を装備する。
艦上にはヘリコプターKa-27PLが駐留する。



1等多目的フリゲート・プロジェクト22350の3番艦「アドミラル・ゴロフコ」は、プロジェクト20385コルベット「グレミャーシチー」と共にサンクトペテルブルク『北方造船所』で2012年2月1日に起工されました。


起工から2年後の2014年2月末からのウクライナ危機、3月のロシア連邦によるクリミア半島編入により、ウクライナロシアの関係が悪化した為、ガスタービンエンジン(M90FR)の供給が途絶える事になりました。

元々、ソ連/ロシア艦船用ガスタービンエンジンの製造には、ロシア及びウクライナの企業が関わっており、エンジンの最終組立はウクライナで行なわれていました。
(主要部品はロシアの企業で製造し、それをウクライナへ送って最終組み立て)
[ロシア新世代艦のガスタービンとディーゼル]

ウクライナでの最終組み立てが出来なくなった為、その為の設備をロシア国内に建設し、完全にロシア国内だけでガスタービンエンジンを生産できる体制を構築する必要が生じ、この体制作りに数年を要しました。
[ロシア海軍のプロジェクト22350フリゲート3番艦と4番艦のガスタービンエンジンはロシア国内で製造されている]

ようやくガスタービンエンジン完全国産の目途が立ち、「アドミラル・ゴロフコ」用のガスタービン造船所へ供給されました。
これにより、建造が遅延していた「アドミラル・ゴロフコ」も進水する目途が立ちました。
[ロシア海軍のアドミラル・ゴルシコフ型フリゲート3番艦アドミラル・ゴロフコは2020年7月1日までに進水する]

以前には2020年4月末~5月初頭の進水が予定されていましたが、新型コロナウイルス流行の影響の為、5月22日に延期されました。
[ロシア海軍のアドミラル・ゴルシコフ型フリゲート3番艦アドミラル・ゴロフコは2020年4月末~5月初頭に進水する]
[ロシア海軍のアドミラル・ゴルシコフ型フリゲート3番艦アドミラル・ゴロフコは2020年5月22日に進水する]
20-0522d.jpg
20-0522c.jpg

現在の所、「アドミラル・ゴロフコ」ロシア海軍への引き渡しは2021年末に予定されています。
[プロジェクト22350フリゲート3番艦と4番艦は2021年末と2022年末にロシア海軍へ引き渡される]
関連記事
スポンサーサイト