FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊の対潜演習はバレンツ海で続く

20-0525c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2020年5月24日19時43分配信
【北方艦隊の航空機Il-38乗員は、バレンツ海において艦と協同で潜水艦の捜索へ取り組んだ】

対潜航空機Il-38乗員は、バレンツ海で実施されている対潜演習において、北方艦隊捜索打撃艦グループとの連携へ取り組んだ。

飛行士と軍事船員は、仮想敵潜水艦捜索の枠組みで情報交換を行なった。
更に彼らは、水上艦部隊による海域での敵潜水艦の捜索及び探知の戦術へ取り組んだ。

この3日間、バレンツ海では、コラ多種戦力小艦隊水域防護旅団小型対潜艦と、大型対潜艦「セヴェロモルスク」と共にロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」で構成される2個捜索打撃艦グループが戦闘演習任務を遂行している。
艦の乗組員は、仮想敵潜水艦を捜索する技量を向上させる。
北方艦隊潜水艦部隊コラ小艦隊の乗組員が、彼らに対抗する。

演習の各段階で、艦は更に、艦隊航空・防空軍遠距離対潜航空隊ヴォログダ州飛行場で活動する航空機Tu-142対潜飛行中隊~との連携へ取り組む。



ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」大型対潜艦「セヴェロモルスク」が参加する北方艦隊の対潜演習は、2020年5月22日からバレンツ海で始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフと大型対潜艦セヴェロモルスクはバレンツ海で対潜演習を行なう]

この他、小型ロケット艦「スネシュノゴルスク」「ユンガ」も演習へ参加します。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2020年5月22日19時37分配信
【北方艦隊の捜索打撃艦グループはバレンツ海で潜水艦の捜索演習を開始した】
「マルシャル・ウスチーノフ」「セヴェロモルスク」「スネシュノゴルスク」「ユンガ」がペアになり、それぞれ捜索打撃艦グループとして行動します。

「敵役」を務めるのは、北方艦隊通常動力潜水艦のようです。

セヴェロモルスク-1飛行場に駐留する対潜哨戒機Il-38も演習へ参加します。
20-0412h.jpg
20-0412i.jpg
20-0412j.jpg

今後は、キぺロヴォ飛行場に駐留する遠距離対潜哨戒機Tu-142も演習へ参加します。
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg
関連記事
スポンサーサイト