ロシア海軍は1月末に地中海及び黒海で4艦隊の合同演習を実施する

『ロシアの声』日本語版より
2013年1月2日配信
【ロシア国防省 1月末に4つの艦隊による連合演習実施】

この元記事。
13-0102a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
【ロシア連邦海軍の演習は地中海及び黒海で1月末に実施される】
モスクワ、1月2日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦艦隊間グループの演習には、北方艦隊、バルト艦隊、黒海艦隊、太平洋艦隊の部隊が加わり、1月末に地中海及び黒海エリアで実施される。
ロシア連邦国防省広報サービス情報管理部は発表した。

演習は、2013年の軍の訓練計画に基づいて実施される。
「演習の主な目的は、ロシア連邦の外における異種グループ部隊(軍)設立の課題を仕上げ、更には、単一構想による海軍連合グループを構成し、共同活動の実行が計画されています」
管理部は話した。

「今現在、演習指定海域に艦船作戦グループは到達しておりません」
管理部は指摘した。

「演習の実施期間中には、北部カフカースの無防備な沿岸における揚陸艦に乗った海軍歩兵および空挺軍部隊員の勝負という戦術的エピソードが有ります」
対談者は詳細に説明した。

管理部は指摘した。
「このような規模のロシア海軍の演習が実施されるのは、10年ぶりの事です。
遠海ゾーンにおける海軍の異種間部隊の相互連携への習熟の為の管理、保障の用途において」


彼は強調した。
「計画演習任務の目的の一つは、黒海及び地中海エリアでの戦闘訓練任務の実施を通じ、海軍の要員の海洋技量を獲得する事にあります」

今回の活動の準備は、全ての艦隊により2012年12月に行なわれ、予定される演習実施エリアの偵察、指揮参謀部のトレーニングによる火力訓練要素、更には対テロリスト及び対海賊活動の準備が含まれる。
(2013年1月2日9時00分配信)


『ロシア連邦国防省公式サイト』より。
ロシア連邦国防省広報サービス情報管理部発表
2013年1月2日09時30分配信
【ロシア国防省は遠海ゾーンでの4艦隊が加わる海軍演習の準備を始めた】


現在、大西洋、地中海、インド洋には、ロシア海軍4艦隊(北方艦隊、太平洋艦隊、黒海艦隊、バルト艦隊)の艦船部隊が居ます。
[ロシア海軍艦船は地中海とアデン湾へ派遣される]

太平洋艦隊北方艦隊の艦船部隊は、アデン湾(ソマリア沖)海賊対処任務の為に派遣されています。
[ロシア北方・太平洋艦隊合同アデン湾海賊対処活動]

インド洋
[太平洋艦隊海賊対処艦船支隊]
大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」
中型海洋給油船「イルクト」
救助曳船「アラタウ」
[ロシア太平洋艦隊海賊対処部隊は新年を祝う]

大西洋(ビスケー湾)
[北方艦隊海賊対処艦船支隊]
大型対潜艦「セヴェロモルスク」
救助曳船「アルタイ」
中型海洋給油船「ドゥブナ」
[北方艦隊アデン湾海賊対処部隊はビスケー湾で新年を祝う]


一方、黒海艦隊艦船部隊は11月下旬から地中海東部に展開しており、同隊と交代する為、バルト艦隊艦船部隊が同海域へ向かっています。
[ロシア海軍の地中海東部戦闘勤務]

地中海西部
[バルト艦隊戦闘艦船支隊]
警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」
大型揚陸艦「カリーニングラード」
大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」
[バルト艦隊艦船部隊は地中海で新年を迎えた]

地中海東部
[黒海艦隊戦闘艦船支隊]
親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」
大型揚陸艦「アゾフ」
大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」
大型揚陸艦「ノヴォチェルカッスク」
警備艦「スメトリーヴイ」
大型海洋給油船「イワン・ブブノフ」
海洋曳船MB-304
[大型揚陸艦ノヴォチェルカッスクは再び地中海東部へ向かう]



今回、ロシア連邦国防省広報部より新たに発表された「地中海及び黒海の海軍演習」ですが、少なくとも北方艦隊、太平洋艦隊、バルト艦隊に関しては、上記の部隊が演習に参加する事になるでしょう。

地中海東部に展開する黒海艦隊艦船支隊は、今月中にバルト艦隊艦船支隊と交代する予定ですから、必ずしも上記の部隊が参加するとは限りません。
(黒海艦隊の艦船は、3隻の大型揚陸艦以外は10月下旬~11月初頭に出航して以来、ずっと地中海に居る)
黒海(セヴァストーポリノヴォロシースク)に残留している黒海艦隊艦船が参加するかもしれません。


加えて今回の記事によると、このロシア海軍4艦隊合同演習には、ロシア空挺軍部隊も参加するとの事です。

北カフカース沿岸で上陸演習を行なうという事ですから、ノヴォロシースクなど北カフカース地方に駐留する第7親衛空挺強襲師団所属部隊が参加するのでしょうか。
13-0102b.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。