fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊の最新コルベット"グロームキー"と"ソヴェルシェーンヌイ"はベーリング海北部で砲撃訓練を行なった

20-0826f.jpg
20-0826g.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2020年8月26日8時9分配信
【太平洋艦隊の艦はアナドイル湾で砲射撃を実施した】

遠海ゾーンにおける太平洋艦隊グループ戦力の戦術演習の活動段階の枠組みにおいて、太平洋艦隊の艦は、アナドイル湾で水上目標への砲射撃を実施した。
20-0826c.jpg

前日(8月25日)、仮想敵水上戦闘艦を模した海上曳航盾への砲撃は、チュクチ沿岸において大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」の砲術班により実施された。

本日(8月26日)、コルベット「グロームキー」「ソヴェルシェーンヌイ」で構成される戦術艦グループ100mm砲兵器A-190からの砲撃により、水上目標は撃破された。
更に曳航盾船を、小型対潜艦「ウスチ・イリムスク」が砲で攻撃した。

戦闘訓練の実施は、ロシア北東軍集団支援船支隊海上曳船無人飛行装置「フォルポスト」により保障された。
20-0826e.jpg



ロシア太平洋艦隊コルベット「グロームキー」「ソヴェルシェーンヌイ」は、2020年4月初頭から6月下旬まで遠距離航海を行ない、太平洋へ進出しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の最新コルベット"ソヴェルシェーンヌイ"と"グロームキー"は遠距離航海を終えてウラジオストクへ帰投した]

「グロームキー」は、2020年7月26日の『ロシア海軍の日』ウラジオストク(金角湾)の観艦式へ参加しました。



その後、2隻のコルベットは、2020年8月15日までにナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」、複合測量艦「マルシャル・クルイロフ」、小型対潜艦支援船と共にウラジオストクを出航しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の主力水上艦はウラジオストクを出航した]

この艦船部隊は、オホーツク海、カムチャツカ半島およびチュクチ半島沿岸で演習を行ないます。

8月17日には、カムチャツカ半島アヴァチンスキー湾で、ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」が、海上目標(海上曳航盾船)及び沿岸目標への砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・ナヒーモフ勲章授与・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと大型対潜艦アドミラル・パンテレーエフはカムチャツカ沖で砲撃訓練を実施した]

8月24日にはベーリング海北西部で複合測量艦「マルシャル・クルイロフ」ヘリコプター発着訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の複合測定艦マルシャル・クルイロフはベーリング海北西部で艦載ヘリコプターの発着艦訓練を行なった]

8月26日には2隻のコルベットチュクチ沿岸のアナドイル湾で海上目標(海上曳航盾船)への砲撃訓練を行ないました。
関連記事
スポンサーサイト