FC2ブログ

北方艦隊海賊対処部隊はクレタ島を訪れた

海賊対処任務に就くためアデン湾へ向かっている北方艦隊大型対潜艦「セヴェロモルスク」は、ギリシャクレタ島北西部スーダ(Souda)港を訪れました。
13-0114b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦軍西方軍管区発表
2013年1月14日10時10分配信
【北方艦隊艦船支隊はギリシャのスーダ港へ入った】

月曜日・1月14日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」、救助曳船「アルタイ」、中型海洋給油船「ドゥブナ」で構成される北方艦隊艦船支隊は、ギリシャスーダ港への業務寄港を行なう。

ロシア大型対潜艦の乗組員の訪問中、多民族の海賊対処行動の為の海洋特殊操作訓練センターの見学プログラムが組まれる。
ここで北方艦隊将兵は、外国の海軍将兵と情報を交換した後、臨検グループによる乗っ取られた船舶の解放訓練を行なう。

ロシア海軍将兵は港に停泊中に水と食料を補充し、乗組員の為の休息が提供される。
ロシア海軍将兵は観光名所を訪れ、見学小旅行に参加し、ギリシャ海軍基地チームの同僚と一緒にサッカーの試合を行なう。

ギリシャスーダ港に停泊中、大型対潜艦「セヴェロモルスク」には同市の公務員と市民が訪れ、航海司令部とロシア艦司令部の代表は、海軍基地、海洋特別訓練センター幹部、港湾管理部、地方副知事、市長を表敬訪問する。

ロシア艦船スーダ港への業務寄港は1月18日に終了し、その後、大型対潜艦「セヴェロモルスク」と支援船は地中海エリアの航行を続ける。

大型対潜艦「セヴェロモルスク」の航海は(2012年)12月18日に始まった。
北方艦隊主要基地を去った後、北方艦隊将兵は5000海里以上を航行した。


北方艦隊大型対潜艦「セヴェロモルスク」を中核とする北方艦隊アデン湾海賊対処部隊は、2012年12月18日に北方艦隊主要基地セヴェロモルスクを出港しました。
[大型対潜艦セヴェロモルスクはソマリア沖へ向かった]

2012年12月25日、英仏海峡を通過しました。
[北方艦隊アデン湾海賊対処部隊は英仏海峡を通過する]

2013年1月1日はビスケー湾で迎えました。
[北方艦隊アデン湾海賊対処部隊はビスケー湾で新年を祝う]

その後、2013年1月初頭にスペインセウタ港へ寄港しました。
13-0114a.jpg


北方艦隊海賊対処部隊は、アデン湾へ行く前に地中海東部バルト艦隊、黒海艦隊との合同演習に参加するようです。
[ロシア海軍は1月末に地中海及び黒海で4艦隊の合同演習を実施する]
[ロシア黒海艦隊はシリア沖で演習を実施する]



なお、2012年に北方艦隊から海賊対処の為に派遣された大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラコフ」も、アデン湾へ行く前にスーダ港を訪問しています。
[大型対潜艦ヴィツェ-アドミラル・クラコフはクレタ島を訪問した]
関連記事
スポンサーサイト