fc2ブログ

ロシア海軍のカラクルト級小型ロケット艦3番艦オジンツォボは洋上試験を完了した

20-1028a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年11月14日14時13分配信
【複合体「パーンツィリ-M」を装備するプロジェクト22800小型ロケット艦「オジンツォボ」は国家試験を成功裏に完了した】

プロジェクト22800小型ロケット艦「オジンツォボ」の国家試験は成功裏に完了した。
ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は発表した。

「小型ロケット艦オジンツォボ~これは、高射ミサイル-砲複合体パーンツィリ-Mを装備する初の水上艦です。
複合体の試験の海上部門は完了しました。
艦の設計時に設定された全ての特性は、小型ロケット艦オジンツォボの航行試験及び国家試験中に確認されました。
11月末には、小型ロケット艦オジンツォボの海軍への受け入れ式典が開催され、聖アンドレイ旗が掲揚されます」
ニコライ・エフメノフ
は、新世代水上艦の建造問題を討議するアドミラルティ地区での作業部会の結果を受け、こう話した。

彼によると、サンクトペテルブルク造船工場・公開株式会社『ペラ』で、本日(11月14日)、艦の国家試験の完了を証明する受領証書への署名が行なわれた。
「私が受領証書を承認した後、艦の乗組員と造船工場『ペラ』は、艦への聖アンドレイ旗掲揚と海軍への受け入れの為の準備へ着手します。
小型ロケット艦オジンツォボは、今年11月下旬に海軍への受け入れが計画されております」

海軍総司令官は指摘した。

艦の乗組員は、サンクトペテルブルク海軍統合訓練センターでの複合訓練を経て、新たな機材及び兵器を運用する準備を整えている。
乗組員の訓練の重点は、新たな艦上兵装システムへの習熟に置かれた。
この為に、特別訓練プログラムが開発された。

[参照]
プロジェクト22800小型ロケット艦
は、高精度兵器(複合体「カリブル」)高射ミサイル砲複合体「パーンツィリ-M」、最新の制御複合体、電波工学兵装、電波通信、航法、電波電子戦闘、対水中工作兵装、携帯式高射ミサイル複合体を装備する。

プロジェクト22800小型ロケット艦は、支隊及び戦闘艦グループの一員として、そして更には単独で海上ゾーンでの任務を遂行する為に意図されている。



プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦の3番艦「シクヴァル」は、2016年7月29日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された]
19-1130e.jpg

2018年5月5日に進水しました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800カラクルト級小型ロケット艦の3番艦シクヴァルは進水した]

その後、「シクヴァル」「オジンツォボ」と改名されました。
19-0826e.jpg

「オジンツォボ」は、プロジェクト22800小型ロケット艦で最初に高射ミサイル-砲複合体「パーンツィリ-M」を装備します。
(1番艦と2番艦はAK-630M 6連装30mm機関砲2基)
20-1028b.jpg

2020年2月17日に造船所の岸壁で係留試験を開始しました。
[ロシア海軍のカラクルト級小型ロケット艦3番艦オジンツォボは造船所の岸壁で係留試験を開始した]

2020年5月20日にバルト海で洋上試験を開始しました。
[高射複合体パーンツィリ-Mを装備するカラクルト級小型ロケット艦3番艦オジンツォボはバルト海で洋上試験を開始した]

2020年8月、ロシア内陸水路経由でバルト海から白海及びバレンツ海へ回航され、セヴェロドヴィンスク(白海海軍基地)へ到着しました。
20-0820d.jpg
[ロシア海軍バルト艦隊の最新小型ロケット艦ゼリョヌイ・ドルとオジンツォボは北方艦隊基地へ到着した]

その後、白海で兵器の試験を行ないました。

試験は9月上旬に完了し、「オジンツォボ」は再びロシア内陸水路経由で『ペラ』造船所へ戻りました。
[ロシア海軍のカラクルト級小型ロケット艦3番艦オジンツォボは白海での試験を終えた]

白海から戻った後、10月中旬頃にバルト海高射ミサイル砲複合体「パーンツィリ-M」の射撃試験を行ないました。
[ロシア海軍のカラクルト級小型ロケット艦3番艦オジンツォボは高射ミサイル砲複合体パーンツィリ-Mの発射試験を行なった]

そして10月27日にも再び「パーンツィリ-M」の射撃試験を行ないました。
[ロシア海軍のカラクルト級小型ロケット艦3番艦オジンツォボはバルト海で再び高射ミサイル-砲複合体パーンツィリ-Mを発射した]

「オジンツォボ」の洋上試験は11月14日までに完了しました。

「オジンツォボ」ロシア海軍への引き渡しは2020年11月下旬に予定されており、先に就役した2隻~「ムィティシ」及び「ソヴィェツク」と同様にバルト艦隊へ配備されます。

バルト艦隊には、計6隻の「カラクルト」小型ロケット艦が配備されます。
[ロシア海軍バルト艦隊へ6隻のカラクルト級小型ロケット艦が配備される]
関連記事
スポンサーサイト